2006年01月04日

RFSへの道 その8

標題のネタは実は話しが完結する前に、家が完成してしまいました。
そろそろ終わりに近づけたいと思います。
これ以前のお話はブログの「カテゴリー RFSへの道」でご確認下さい。

さて私がハウスメーカーの契約を決めたのは2004年11月の末でしたが、最後の10日間は競合3社の出入りが入り乱れました。

11/20(土) RFSオーナー宅見学会(後にjd家の都合でキャンセル)
11/21(日) インターデコ打ち合わせ
11/23(祝) 昼 東急建築現場見学 夜 RFS来宅
11/27(土) インターデコ電話
11/28(日) 夕方 東急来宅     夜 RFS来宅
11/29(月) RFS来宅
11/30(火) RFS来宅(申し込み)
12/01(水) RFS申し込み金振り込み

とこんな流れです。

 みなさんご承知の通り、メーカーは月末の締めでなんとか契約をと迫ってきますが、私は土地の引き渡しを当初2005年1月中旬としていたため(これは後に前オーナーさんの都合で3月末にのばしましたが)2月くらいから着工、11月末にはメーカーを決めたいという話しをしていたため、連日メーカーからの攻勢を受けており、上記以外にもメールや電話での状況探りが何度もありました。

 jd妻この状況にまたもかなり引き気味で、特にRFSの休みごとの攻撃には辟易していたところがあり、27日の夜は私は子供のサッカーを通じて知り合った仲間との飲み会に行っていましたが、その夜RFSの営業さんから自宅に28日に訪問したいと電話が合ったときには、私の携帯に「正直、もう断りたい」とかみさんからメールが来たほど。ただし、私はこのメールの内容を聞いてちょっと可能性があるのかなとも感じていました。
 
 RFSとは28日に会っていろいろと納得がいかなければ、これはあきらめだなと正直覚悟してのぞみました。28日はRFSが来るアポの20:00の前に、夕方東急の営業さんも状況を探りに突然自宅に現れ、一家大慌て。時間が一緒じゃなくてよかった・・・。なんでこんなことでこっちが気を遣わねばならんのだ、と結構へとへと。
 
 前日のメールで私が可能性があると感じた、28日のRFSの訪問が今までとちょっと違ったのは、3人で自宅にやってきたことです。いつもは営業さんとその上司の所長さんのコンビでしたが、この日は今までとは違う方まで出てきました。RFSオーナーさんの間では有名人の方ですが、この日はこの方がほとんど話し、この日のRFSのオファーは今までの交渉の経緯からすると激変。かなり即断即決でいろいろな条件が提示され、jd妻の理想もRFSでも実現できそうな状況に。こうなると後は、値段を取るか、理想を取るかという選択になり、もちろん値段はRFSが高いものの、この家のスペックやできあがりのイメージからいうと、夫婦ともども、もともとの理想であるRFSへと傾く。なにしろ家の図面は、実は毎週のようにああでもないこうでもないと難癖をつけて、そのたびに修正していたため、家のデザインそのものは、RFSが一番私としては気に入っていたものでしたから・・・。日曜の夜は深夜まで話し続けました。これはもう自分たちを納得させるための話し合いのようなもの。

 翌29日には再びRFSが現れ、昨日のオファーに関連した資料が提示されたのと、30日までに契約をしないとその条件は白紙との宣告。この日の夜は再び夫婦で話しあって結論を出し、翌日RFSの申し込みと至ったわけです。

 実際9月頃に見た見積もりとはこの時点では相当の差がありました。この差を納得感に変えて、ちょっと高いがRFSを選択したというところ。

 RFSには、最初にたまプラMHに訪問したときから、「キャンペーンに申し込みを」と言われてきていて、そのころに申し込みをしていたらどうなっていたのかなと思います。
 一生一度の買い物ですから、交渉というものはしてみるものです。

 メーカー選定にあたっては本格的な交渉は約2ヶ月。その間にずいぶんいろいろ考え、メーカーとも話し合うことで自分の理想なども整理できたように思います。実は最初に考えていたことと、自分が本当にしたいことは結構違っていたというのも結構驚きでした。

 お金にルーズな訳ではないのですが、最後は数十万〜数百万程度(!)をケチるぐらいなら、理想を追い求めるべしという気分でした。実際ローンを計算すると、借入金百万円の違いは毎月の返済ではまあ許容範囲かなと・・・。

 こうしてjd家とRFSのつきあいは本格化していくのでありました。
posted by jd at 02:02| Comment(3) | TrackBack(0) | RFSへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

明けましておめでとうございます。

 2005年は我が家にとっては大きなイベント目白押し。
さすがに疲れて後半はブログの更新も滞りがちとなってしまいました・・・。
しかしながら、このブログを通じていろいろな方にご助言をたまわり、ときには励ましも頂き、一大イベントである家造りを良い形でできたことは本当によかったと思っております。ブログを通じてで恐縮ですが、お礼申し上げます。みなさまありがとうございました。

 RFSで建築をご計画のみなさま。会社にはいろいろ言いたいこともありますが、住んでみるとこの家はやっぱりいい家です。楽しい家造りとなりますよう・・・。私も微力ながら情報提供をできればと思っています。

 今年のjd家はちょっと落ち着きますかどうか??
 その後のjd家のUPもぼちぼちやっていきたいと思いますので、気長におつきあいいただけると幸甚です。

 本年も宜しくお願い申し上げます。

                    2006年1月1日  jd 
 
posted by jd at 23:10| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

12月・・・

 早くも12月、今年も後わずかですね。我が家の近所はクリスマスの飾りがすごいお宅ばかりで圧倒されております。うちもささやかながらなんかしようかなという気もあるのですが、週末が忙しく、なかなか手に付きません。
 
 引っ越してまもなく2ヶ月ですが、相変わらず家は快適。ただ明け方はさすがにちょっと寒いというところでしょうか。夜、外から帰ってくると家の中の暖かさは感激です!!

 とここまで家に関しては抜群に好印象なのだが、一方この2ヶ月で、メーカーのRFSとの接点はほとんどなくなってしまい、どこのメーカーで家を建てたのかも忘れてしまいそう。まあ確かに完全に縁がきれているならそれも仕方ないだろうが、

・実は網戸の設置など、工事はまだ残っているはずだが・・・。(まあ別に今つけてもらわなくてもいいといえばいいけれども・・・)
・その分の残金を払わないと引き渡しができないとか言われてきちんと払ったはずだが・・・。
・支払ったお金の領収書も何回分かもらってないはずだが・・・。
・「北欧通信」はまだ旧住所に送られているようだが・・・。
・アンケートが送られてきたけど、返信用封筒にも、アンケートの依頼にも返信先が書いていかったようだが・・・。(どうしろってことかな?)

 RFSのみなさんも忙しいのだろうと黙っていたが、先達オーナーのご多分にもれず、言わないと何もしないのだろうなという気もしてきた。

 もうお客さんではないのかな・・・。何となく寂しい・・・かな? 

posted by jd at 01:44| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

家屋調査

 入居して1ヶ月、いきなり横浜市から家屋調査の連絡が来た。
 
 他のオーナーの事例と比べてやけに早いなあとは思ったが、こればかりは逃げても仕方がない。11日を指定してきたが、jd妻のバイトの休みである8日に繰り上げをお願いし、調査の方が来られた。
 相手をした奥さんに「何を聞かれたの?」とあとで聞いてみたが、特に聞かれたことはなく(ytakahashi邸のように「これはスウェーデンハウスですか?」と聞かれた時の回答をいろいろ考えていたのですが・・・)ひとしきり中をみたあとは固定資産税とか確定申告のことを懇切丁寧にご説明いただいたのだそうだ。

 調査はかえってどこに注目していたのかわからないのがちょっと??ではある。来年は帳簿閲覧に行かなければ・・・。
posted by jd at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

入居1ヶ月

 入居後公私ともどもバタバタしている間に早くも1ヶ月がたってしまった。
 この間に外構はこんな感じになっている。Harryさんご指摘のデッキの雨だれ対策は実は前から気になっていたのだが、何しろ風が強いところなのでどうしたものかと相談していたところで、現在試しにいろいろやっている。今日は雨が降らなければ形になったんだけどね〜。
 
rfs1105.jpg

 先日、外構の費用をはらって大きな出費となるものは全て終わってしまい、金策を考えることもなくなった。ローンと家が残ったというところでしょうか?

 さて1ヶ月経ったところでの住み心地をつらつらと書きますと・・・

・もう遮音性の話しはこれにすっかりなれてしまった。とても静か。今日も横浜は夕方強い雨が降ったが音はぜんぜんわからない。
・室内の温度はなにもしなくても23度前後。家の中では半袖/短パンで過ごしている。
・湿度はだいたい60%前後で安定。よく言われている室内の乾燥はまだそれほどでもない。
ちなみに洗濯ものはよく室内で干している。
・施工の問題で一番ビッグなものは、コンセントが1カ所ついてなかったことが発見されたこと!かな。みんなのチェックが漏れていたというのがすごい。まあ確かに目立たないところではあるが・・・。これを指摘したら、その直しはすごく早かった。このときについでに電気屋さんなのにローマンシェードをつけてもらっちゃったりしたそうだ。他に細かいところで気になるところがいくつかあるが、大したことではない。
・INAXのトイレは全自動すぎて、これは子供の教育上よくないですねえ。水を流す習慣なくなる。ちなみにタンクレストイレはすごくいい。音もまあまあ静か。リビングの近くにトイレを作ってしまい、ちょっと気になっていたが、実際には全然問題ない。階段下というところもまったく問題がない。僕はとても気に入っている。
・ファミリールームは子供用リビングとしてうまく機能している。下の子の友達が遊びに来ても、みんな2階に上げてしまう。こちらは下でゆっくりである。
・キッチンのjd妻デザインのカウンターは奥さんはかなりご満悦のようだ。家具で買うとこういう使い勝手にはならないとのコメントである。それは良かった。
・収納は足りないかなと思っていたが(特に1F)、今のところそうでもない。あるといろいろしまい込んでしまうので、この程度でもよいのかもしれないと思い始めた。
・玄関のタイル(ミルフォード)は今のところ泥だらけである。これはもう庭を何とかしないとどうしようもない。奥さんは今日デッキブラシを買ってきた。
・玄関横の収納はとても重宝している。いろんなものをぶち込んでいる。棚板がもうちょっとあった方がいいけれども。
・床はまた着々とキズは増えている。もういいや・・・という心境である。
・電気のスイッチはちょっと動線上、場所を考えればよかったかなというところがある。なかなかイメージ出来なかった。
・風呂の脱衣所を広くとったり、棚をしつらえたのはかなりのヒット。洗濯機の下には、higomさんのブログを参照し、キャスター付きの台を置いた。これもなかなか使い勝手がよいです。
・24時間換気の吹き出しのところは風が結構気になる。吹き出し口のつける場所は相当考えないとその下に座るとさすがに寒い時あり。

てなところでしょうか?
まあ、前の家にくらべれば何もかも広いので、文句を言うこともないわけですが・・・。

 家とは関係ないですが、最寄りの駅は一駅かわり、快特や特急が止まる駅になりましたが、家を出る時間はほとんどかわらないのに、電車を選べば毎日座れるようになり、通勤の利便が格段に向上してしまいました。朝40分ぐらい電車で寝られるというのは、個人的にはかなりの違い。こういう環境も重要ですね。
posted by jd at 22:56| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

見学者が来た!!

 入居早々、やっと段ボールがなくなったな〜と思っていたら、我が家担当のRFSさんが自分のお客様を連れてくるので新居を見せてくれという。
 まあ世話になってきたし、お役にたてるならねということで協力。日曜の昼の2時にくるということでお出かけもできない・・・。
 
 営業氏曰く、お客さまご夫婦のご希望を聞いていると、我が家の間取りによく似ているとのことであった。今まさにメーカー検討の最中とのこと。どんな方が来られるのかなと思いきや、お見えになった一家はとても若そうなご夫婦でお子さんも幼稚園生みたいだ。自分がこのぐらいの年齢の時には家を建てるなんてまだとても現実的じゃなかったけどな〜、大したものだと感心。
 実際、中に入ってこられると家の主要な仕様は営業氏が解説するので、われわれはお子さんのお相手。ご質問は「これは標準なのか?」というものが多く、以前の自分を見るようだ。
我が家はほとんど標準なので、そういう意味では参考になるかもね。
 エアコンとか、遮音性のこととか聞かれて、入居後の所感のごときを答えたところ、遮音性については特に電車が通ったところで窓を開け閉めしたので、その性能に感心されていた。
 
 最後にRFSに決めた決め手はなんでしたかと聞かれ、標準のスペックかな等々いろいろとと答えましたが、ご納得いただけたかどうか・・・。
 初体験の見学受け入れは1時間あまり。どんな感想を持たれたかこちらも聞いてみたいなあ。
 見学が、RFS党が増えることになるとつながるとよいですね。
posted by jd at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

外構のその後 1014

 ちなみにお騒がせしたインターホンは13日に付いた。未だに僕はこれをさわったことがない。家の中でどういう風に映るのかなあ。

rfs1014-1.jpg

 ウッドデッキの方はトントン拍子で作業がすすみ、14日の朝にはこんな感じでほぼできあがっていて、あとはちょっとした階段がつくだけ。

rfs1014-2.jpg

続いてフェンスの作業が始まっていく。

 全体の外観はちょっと変わってこんな感じ。

rfs1014-3.jpg

 ウッドデッキについているフェンスはダイニングからはちょっとした目隠しになる。実は家の前はご近所の方々の通勤ルートになっていて、まだ新しい家が珍しいのか、みなさん前を通るたびに家を見上げて行かれるので、朝、出勤前にダイニングでパンをほおばるjd夫は、外を歩く方と窓から視線があってしまうことたびたびだったので・・・。
posted by jd at 23:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 外構工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

外構進展

新居に入居してからは雨の日が多く、なかなか外構の工事はすすまないのだが、
合間の晴れ間に業者さんが遅くまで熱心にやってくれている。

いよいよウッドデッキはそのものの組み立てに入った。これが意外と進展がはやい。駐車場に屋根もどきがかかるような感じになる。

1011-1.jpg

よう壁の上にはフェンスを設置するためにブロックが1段組まれた。とにかく土地が高いので危ないし、フェンスを早く設置してしまいたいところだ。愛犬ロッタも引っ越して以来ずっと座敷犬になっていて、欲求不満がたまりまくっている・・・。

1011-2.jpg

posted by jd at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 外構工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

ポスト

 外溝は雨をぬって工事が進展しているが、まず最初についたのはポスト。
 RFSオーナー宅ではおなじみのボンボビである。色は窓枠にあわせて赤。

post.jpg

 さびないステンレスがいいかなとも思ったけれども、やっぱり色がないと味気ないですもんね。

 鍵が結構めんどくさいときいていたが、今のところ我が家ではそんなに違和感ないですね。
あんまりめんどくさくなったら、別売りのレバーに取り替えちゃおうと思ってますが・・・。
posted by jd at 23:48| Comment(5) | TrackBack(0) | 外構工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

入居直後の所感

 入居直後に10月の3連休。子供は短いながらも「秋休み」。連休中は天気は良くないという条件で必然的に新居にずっといることになったが、早速RFSの家の性能を実感することとなった。

●室内の温度
7日・8日 
晴れだが結構湿気が多い感じで、家の中でずっと片づけをしていたこともあり、家の中はとても暑い。ファミリールームのエアコンが結構稼働。本格的な夏はちょっと、エアコンのフル稼働が避けられない?工夫しなければ・・・。高台なので窓を開けて風を通すと暑さも相当和らぐ。網戸は必要だなあ!!

9日・10日
一転して雨、結構肌寒い一日。家の中の暖かさと外の気温の差を早くも体感。早速室内では短パン・ノースリーブシャツの姿でうろうろ。冬はこの内外の気温差が広がるなら楽しみだね〜。

●遮音性
 家の近所には国道16号と、電車の線路も通っているのだが、外の音はほとんど気にならない。雨の音も全然わからない。引越早々、早速雨が降り出したのに気づかず洗濯物のことをお隣さんから忠告された。モデルハウスでもこの家の遮音性は体感していたが、実際さすがである。逆に部屋の中の音は結構響く。2Fファミリールームで子供が騒ぐとこれは家中に大反響。娘も部屋で音楽を聞くので、家中音が充満しかねない・・・。ただこどもが部屋のドアを閉めてこもってでてこないのも問題だしねえ。

●その他
 木の香りが家に充満しており、雰囲気は現時点では満足度高い。

 フローリングは結局なにもしなかったのだが、早くもキズが入りガックリ。もうあきらめモード。しかも良く滑ります。愛犬ロッタちゃんも走りにくそう・・・。

 この時点では、インターホンがついておらずこれが結構問題。
 宅配便の人は引っ越してないと思って荷物を持って帰っちゃうし、遊びに来た子供の友達はどうやって声をかけたらいいのかわからず玄関前でもじもじしていたそうだ。
 この現象はRFSと外構屋さんでどっちがインターホンをつけるのか、「うちじゃない」とお互いやりあっていたためにおこったようだ。結局RFSがつけるのが正しいということである。そりゃそうですよね。外構なんてすぐにやらない人だっているわけだし、インターホンについてはRFSに金はらってるんだし・・・。
 
 これってうちだけ特殊なのかなあ?僕がなにかやらなければいけなかったのかなあ??

 不思議だ・・・。
posted by jd at 23:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。