2006年02月04日

網戸がついた

RFSの残工事である網戸の設置が1月の終わりにあった。竣工前の最後の最後で決めた内容であったが、設置時期が大幅に遅れて今に至る。網戸!なにもこの時期にとも思いますが、RFSとしても、ブログでいろいろ書かれたのでさっさとやってしまおうということでしょう。

木製サッシは網戸がなければこんな感じ。

rfs0204-1.jpg

網戸が付くとこんな感じ。

rfs0204-2.jpg

かなりイメージ狂っちゃいますね。

特に小さい窓だと、網戸を閉めなくてもこんな感じ。

rfs0204-3.jpg

窓枠が白くなってしまったよう。枠の上の方は網戸で隠れてしまう。

網戸を閉めるとこんな感じ。

rfs0204-4.jpg

 ちょっと無機質な窓になってしまいます。
我が家の場合は、夏の工事の時期にかなり蚊には悩まされたので出した結論でこうなったわけで、まあ予想はしていたものの、ちょっとガックリという気もしないではない。ただ我が家は家に風を通すのが好きなので、実益をとれば仕方ないか・・・。

 これはオーナーさんのお好みの世界です。これから建てられる方にはご参考まで・・・。

 
posted by jd at 21:55| Comment(7) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

ついに・・・引き渡し

 10月2日 朝 9:30より現地で引き渡し。営業さんと現場監督さんが立ち会い。
 
 施主検査時の手直しも、ほとんど完了していた。キッチンのHTHの引き出しの面材のキズは取り替えとなったそうだ。
 テラスドアの鍵の回しが若干渋いのが気になったが、使っているうちに直らなければ、シリンダー取り替えをするとのこと。鍵のことを記録を残してもらい、引き渡しへ。

 引き渡しの書類は前日に一通り記入していて、当日はハンコを押すだけ。
 保証書や書類、そして最後に鍵を引き渡され、jdはRFSのオーナーとなった。
 昨年9月の土地の購入からはちょうど1年と10日あまり、紆余曲折もあり長かったような、短かったような・・・。

 くしくもこの日、実はjd夫の誕生日であった。
 自分で買ったのだからプレゼントというわけではないし、むしろずしりと重いローンを抱えることとなり今までにない誕生日を迎えたが、まあいい記念にはなったかな・・・。
posted by jd at 23:58| Comment(8) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

施主検査

 すったもんだで延期となった施主検査を23日午後3時から受けた。
 細々と指摘した点はいくつかあったものの、おおむね1時間半で終了。この後入居までにRFSが修正するとのこと。

 しみじみと見ていくと施工のミスではなくて、設計上あそこをああすればよかった、こうすれば良かったと気づく点がいくつかある。今更言ったところで仕方がないが、想像力が貧困なので、できあがったものを見ないとわからなかったというところか。
 いずれにせよこの家と一生つきあうことになるわけだ。家具が入ったら小さく、狭くなっちゃうんだろうな。

 ビックリしたのは検査のために監督さんが2Fのエアコンをしばらく回しておいてくれていたのだが、その効果。玄関を入ったとたん全体がひんやりしており、十分な効き目。(1Fのエアコンは今の家から移設するため、まだ付いてない)。昨日は結構暑い日だったが、あのぐらいエアコンが効くなら2Fのファミリールームものだけで十分かもしれない。我が家の断熱性能を初めて実感できた一こまであった。

というわけで、現在のjd家の最新画像。

お騒がせしたキッチン。タイル貼りはきちんとされている。
わが家のキッチンの床も無垢材なので、水はねはここが問題かも。

rfs0923-1.jpg
rfs0923-7.jpg

玄関横の収納。開口部はここまで大きくしなくても良かったなあ。これをいかに目隠しするかをjd妻が頭を悩ませている。

rfs0923-6.jpg

1F階段下のトイレ。タンクレスに変更したのは結果的に大正解。出入りにも余裕ができ、実際に入ってみるとそれほど階段下ということでの不都合は感じない。ペーパーホルダーは施主支給品。実際には東急ハンズのもの。

rfs0923-5.jpg

2Fのトイレは標準のものである。ペーパーホルダーとタオルリングは施主支給品。

rfs0923-9.jpg


寝室の照明がついた。結構色が濃い感じに思っていたが、実際点灯してみるとそうでもない。
照明と照明の間の真下にベッドが置かれるイメージなのだが、そのベッドがまだ決まらない。
現在使っているベッドはかなりぼろぼろだし、高さも低いので、ちょっとこの家のイメージには合わないんだけど・・・。

rfs0923-8.jpg

娘の部屋は照明もついて、jd妻も娘にやるのがもったいないと思い始めたらしい。

rfs0923-110.jpg

階段も照明をつけるとちょっと雰囲気がかわりますね。しかし階段は結構狭い。手すりの先端はものを引っかけないように違うものに変更予定。

rfs0923-11.jpg

 内装冒険エリアの2Fファミリールームは、マリメッコのカーテンがついていよいよ強烈な印象である。なかなかよいかな。左上のエアコンが家全体に威力を発揮しているダイキンのもの。

rfs0923-2.jpg

 いよいよ家の引き渡しが近づいてきた。
引越は10月7日になりそうである。
あと1ヶ月もしないうちに、jd家の新居での生活が始まる。
 
posted by jd at 23:57| Comment(8) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

キッチンの石膏ボード〜その後 その2

 最初に、妙な話にならないよう議論を修正しておかないといけないのですが・・・

 以前のコメントで、「jdの家には階段に防水石膏ボードが使われているのがおかしい」との指摘があり、そもそもjd家の施工は間違っているという理解があるようです。何度かブログで書きましたが、私の家は階段下にトイレを設置しているため、ご指摘されている写真はまさにトイレの壁の部分であって、この点は施工は全く正しいものです。

 また私の今般の議論は我が家のRFSの施工が欠陥だという主張をしているわけではありません。この施工が正しいかは自分としてはよくわからないし、今までの過程では説明も受けていないので、きちんと引き渡しをする前に確認をしておきたいというのがまず第一義であります。昨日の記事のコメントで、某自動車メーカーが引き合いに出されているようですが、今回の議論は、こういう比較をするような状況ではないと思っています。

 ちなみにキッチンの施工のことをこの措置がどこまで説明しうるのかわかりませんが、私は財形の融資を申し込んでおり、これに伴い私の家は神奈川県建築安全協会の中間時/竣工時現場審査を受けて最終的に9月9日に合格と判定されています。

 無用なRFSへの不安を煽るのは本意ではありませんので念のため。


 さて後日談。

 RFSは今日早速、もろもろの事例を持参し我が家に説明にきました。使用しているタイル、接着材等の品質資料。他の方の施工例で、キッチンに防水石膏ボードが使われていないものの実例写真など。RFSさんは神妙にご説明されており、私はどれもそうでしょうなと見ていました。一通り説明を受けたあとは長い沈黙・・・。

 実は昨日の夜、RFSの先輩諸兄にメールでいろいろご教示をお願いしたところ、早速もろもろの情報をいただき、キッチンについてはRFSの仕様上「石膏ボード」が標準であり、自分の家だけが設計上間違っていたということはないのは確信できました。

 今日の議論はRFSがいかに説明しても、キッチンに防水石膏ボードを使用している事例とそうでない我が家の例との違いの合理的な根拠は見いだすことができませんでした。
 結局昨日の「防水石膏ボードは余ったからキッチンに使う」ということはあり、その場合は石膏ボードのスペックが上がって「ラッキー」であるに戻ってしまいます。
まあここが今回の議論の結論なんでしょうね。現場でいろいろ大工さんとかが気を回してやることもあるでしょうし・・・。この結論であれば、単にわが家はラッキーではなかった、防水石膏ボードを使ってもらった方は同じ値段なのにうらやましいということでおしまいです。
 納得いかないから石膏ボード分でも値引きしてもらおうかな・・・。
 
 「キッチンに防水石膏ボードを使うのが普通」という一般論に対しては、RFS標準がそうなっていないので会社としてはそうは思っていないいう結論ですが、この部分はまだ私はなんの結論も持っていません。
 いろいろ詳しい方に話しを聞いていますが、実際にはそこまでの話しはないのかもしれません。法律的には、キッチンには耐火性のスペックは求められても防水は求められていないとも聞きましたが、どうなんでしょう?
ご覧の方でどなたかこの点に知識をお持ちの方がいればご教示いただけませんか・・・。

posted by jd at 23:57| Comment(10) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

キッチンの石膏ボード〜その後 その1 

 「赤い馬」さんからコメントでご指摘があり、キッチンの石膏ボードのことについてはRFSに問い合わせをしていたが今日になってようやくその回答があった。彼らの主張としては全く問題ないとのこと。

 まあ私としてはなんとなくこの回答ぶりは予想はしていたが、どうも納得できないので、夜にRFSのお偉方に我が家にお越しいただいた。
 お偉方曰く、RFSでは石膏ボードはキッチンについては防水でないものが標準で、但し他の箇所に使った防水石膏ボードが「余っている」場合にそれをキッチンに回すことはあるので、「結果として」キッチンに防水石膏ボードが使われていることはあるとのこと。このあたりはRFSでは標準化されておらず、現場監督の判断に任されているらしい。RFSとしては、標準が普通の石膏ボードだから、それよりも「防水」の分だけグレードアップしている?ということだから、どっちも問題ないということを言っていた。

 工事の担当の方から言わせると石膏ボード自体は防水とそうでないものはそれほどの違いはなく、またjd家の場合は石膏ボードの上に「耐水性」のあるタイルを「耐水性」のある接着剤で貼り付けているのでまったく問題はないとの話であった。他のメーカーでもキッチンの石膏ボードについては、防水を使用するかはいろいろまちまちとのこと。

 とりあえずキッチンに防水石膏ボードが使われている場合は「当たり(ラッキー)」なんだから、jdさんの家だって普通なんですよみたいな主張に、「君たちそんなことでいいのか、RFSさん?」という疑問は相当もったが、それはともかくそこまでいうなら、RFSで防水石膏ボードがキッチンの壁に使われていない事例が他に本当にあるのか、防水の接着材とはどんなものか、我が家の施工例がミスではないということを1両日にもきちんと示して私を納得させてくださいということでお帰りいただいた。

 この後日談は別途。

 これからお建てになる方はぜひキッチンは防水石膏ボードにしろと指定してください。
RFSさんもこのぐらい標準にしたらどうですか?こういうつまんない議論が防げます。

 こちらも納得できるよういろいろ調べてみたいので、結局19日に予定していた施主立ち会いの検査は自分が納得できるまで延期である。やっと終わりかと思っていたがそうはいかなくなった。
 疲れた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
posted by jd at 22:27| Comment(6) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

気密検査

 今日は昼から気密検査が実施された。
 自分の家の検査はもう2度と見れないだろうから、会社休みたいところでしたがそうもいかず、jd妻が現地で立ち会い。

rfs0912.jpg
rfs0912-2.jpg

 結構あっという間に終わってしまったそうです。C値は0.9となかなかの値(なのかな?)。
家の形が単純だからそれなりに数値もでるのかな?
posted by jd at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

工事は終わり近い

クロスの工事はあっという間に終わってしまい、今日は購入した照明が取り付けられた。

まずは玄関横

rfs0907-1.jpg

玄関入ったところの天井の照明

rfs0907-2.jpg

これは勝負した、リビングのシャンデリア。jd妻相当ご満悦。

rfs0907-3.jpg

階段の照明はちょっとモダンチック。

rfs0907-4.jpg

娘の部屋の照明はスポット中心である。

rfs0907-5.jpg

そして冒険エリアのクロスはこんな感じになりました。ちょっと光の加減でわかりにくいですけれども、窓のところ1面だけが黄色になっています。

rfs0907-6.jpg

洗面のところもクロスや照明がついてかわいらしい雰囲気になりました。あとは施主支給の鏡が付けば完成です。鏡はオーダー品で、現在取り付け用の金具をjd妻が東急ハンズにオーダー中。

rfs0907-11.jpg

階段下のトイレはボーダーを使いまくり。便器はタンクレスにして、スペース確保しましたが、本日jd妻が再度座ってみても全然天井高は問題なかったそうです。

rfs0907-12.jpg

2階のトイレは標準の便器。照明と窓際の収納もつけられ完成形。

rfs0907-13.jpg

一部は現在の家で使用している照明を持ち込むため、いまのところはこの程度。

実はこの状態でほとんど家は完成しており、役所の検査をへて来週18日には、RFSと施主との検査となる。
C値測定は来週月曜日。
工事は終わりに近づいている。ちょっと寂しいような・・・。
posted by jd at 22:52| Comment(4) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

足場がとれた〜クロス作業が始まった〜バルコニーがついた

 8月末で一通りの大工工事が終わり、2・3日前に足場がとれたと聞いた。今週末はどんなになっているかと楽しみにしていたら、いきなり足場がなくなっただけでなく、バルコニーもついていた。

rfs0903-13.jpg

今日の午前中に近くの道を通った際にちらりと見たときは、なにもなかったので3〜4時間でついちゃったわけですね。これでほぼ家の外観はできあがったということになる。

 早速バルコニーに出ちゃいました。電線がじゃまだけど、前に何もないから圧迫感がない風景はよいですね。

rfs0903-7.jpg

バルコニーに使われている木は本当に太い。普通のバルコニーのイメージではないですね。いいのか悪いのかよくわかりませんが・・・。


その他の工事も着々とすすみ、玄関のタイル貼りは終わっていた。玄関のタイルは標準のものから、テラコッタ調に見えるミルフォード300角に変更している。一説には土汚れが付きやすいという話もあり、小学生男子を抱える我が家としてはいささか危惧はあるものの、ここは雰囲気重視。値段はちょっと上がりました・・・。

rfs0903-12.jpg

 中に入ると、溝という溝にはパテが施され、1週間前とは違う雰囲気。1階のリビングも天井はクロスが貼られており、私たちが現地に行った時には、1Fトイレと玄関天井のクロスを作業されていた。しばらく興味本位でじっと作業を見ていたが、さすがプロは手際がいい。天井なんか素人がやったら、絶対しわだらけだもんね。

rfs0903-11.jpg

階段のところも先週はまだ骨組みが見えていましたが、壁は完成。階段のところの窓は当初の設計段階からは窓の開け閉めをを考えて、jd妻の発案で位置をちょっと下げたが、これはかなり正解でだった。窓を開けると風が良く通ってとても気持ちいい。
FIXの窓みたいに扱えばいいやと思っていた時期もあったが、やっぱり開閉が出来た方がいいという結果。あとはこの窓に網戸をするかが思案のしどごろ。

rfs0903-8.jpg

寝室は、主寝室はちょっとベージュがかったクロスにしていて、天井と対照的な色になっている。ここはほとんど間接照明を使うことにしていて、ちょっとホテルチックな感じになればいいと思っているのだが、照明がついてどんな雰囲気になりますか・・・。

rfs0903-9.jpg

 長女の部屋は、クロスが全て貼られて、だいぶ印象が変わった。クロスの塗り壁調のものにしているが、それはあまり目立たない。ここの勾配天井は複雑な形になっているが、プラネタリウムみたいでいいなあ。個人的にはすごく好き。自分の部屋に取り返したいぐらいだ。

rfs0903-6.jpg

2Fのトイレ内部のクロスはjd妻が本当はいろんな部屋にやりたかったボーダークロスを、ささやかながらも使ったところ。とてもかわいらしく仕上がっている。予算があったらこれをもっといろんなところにやっちゃったんでしょうけれども・・・。

rfs0903-10.jpg

 1Fのトイレも絶対にかわいくなるとjd妻は確信しているようであります。階段下という環境もあなぐらみたいでいいんじゃないのというコメント。そういう考え方もある。
 ここのクロスは後日。

ファミリールームは窓枠は内部は白になっていて、まわりは黄色のクロスでマリメッコのカーテンというjd家内装の冒険エリアである。クロス貼ってないからまだ雰囲気わからないな。

rfs0903-5.jpg

キッチンの方は、バックカウンターの上面にタイルが貼られてこんな感じになった。jd妻力作これにて完成。小さいタイルは最近はやりらしい。僕はあまり小さいタイルにはいい印象がなかったが、実際敷き詰められるとわるくないね。このカウンターがどんな使われ方をするのかは料理ができない僕にはわかりません。

rfs0903-4.jpg
rfs0903-3.jpg


キッチンの全面もタイルが貼られてます。

rfs0903-2.jpg

キッチンに面した階段下にはこんな収納をもうけている。ドアもなにもつけておらず、階段の低い側なので、それほど使い勝手はないが、ゴミ置き場とかになるのでしょうか?
こどものかくれんぼの隠れ場所にはよさそうかな。

rfs0903-1.jpg

1週間でまたまた進展しており、今日営業さんと話したらクロスは7日ぐらいまでには終わってしまうそうだ。その後は照明やトイレなどの設備工事になって、実際は9月20日頃には、施主立ち会いの検査となるようである。いよいよ完成間近となり、引っ越しのことも考え始めないといけない時期になってきた。





posted by jd at 23:22| Comment(9) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

大工工事終盤

階段は2階にも上がれるようになった。大工さんの許可を得て早速上がってみた。
階段ができるといよいよ家らしくなってきた。

rfs0827-1.jpg

土曜日は階段下の部分の作業。
いよいよ階段下のトイレの天井が出現。やはりかなり狭い。もう一回トイレの設備の位置関係を確かめてみないと・・・。まあ長く過ごすところではないですが・・・。

rfs0827-3.jpg

洗面やキッチンは設置が終わり、養生がされていて見ることができなくなっている。

rfs0827-2.jpg

大工さんの仕事も終盤である。
posted by jd at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

階段設置

 久々にjd妻が現場に行ったところ、階段が設置され大工さんの仕事はほとんど終わりとのこと。

rfs0826.jpg

来週あたりからはクロスの工事に入るようだ。そういえばもうすぐ9月ですね。
posted by jd at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

キッチンが入った

昨日は工事はお休みで、今日はどうなっているかと思いきや、大工さんはおらず、いきなりキッチンと洗面が搬入されていた。

HTHのキッチンはノルマンオークというちょっとカントリー調に近いものを入れている。北欧住宅のイメージからするともっとモダンなデザインもありなのだろうが、ここは奥さんの希望を最大限に取り入れたところだ。彼女は以前からカントリー調のキッチンを夢に描いていたこともあり、実物は見ていないもののこの写真にかなりご満悦。

rfs0822-1.jpg
rfs0822-2.jpg
rfs0822-3.jpg

しかしキッチンがはいるとあれほど広かったスペースもそれなりになってしまうものですね。

こちらは洗面台。前面はキッチンと同じHTHのノルマンオークがつくことになっている。
rfs0822-4.jpg

階段部分も今まで上り下りに使用していた梯子がはずされ、階段の設置も間近のようだ。
rfs0822-5.jpg

進展が早くなり、見に行く方としてはとても楽しいが、jd夫は今日で夏休みが終わり。
当分現場は見られなくなる・・・、寂しいなあ。

ということなら早起きすればいいのだが、それは無理無理。
posted by jd at 21:54| Comment(6) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

引き続き1階工事

今日も暑いなか大工さん2人で1階の造作作業。

rfs0820-2.jpg

1階のキッチンスペースには、jd妻案のキッチンカウンターが出現。
rfs0820-1.jpg
彼女はこのカウンターにかごやワインの木箱などを使って収納を実現するつもりである。みずからいろいかごのサイズなどを調べて絵を描いたものが実現しただけにそれなりの納得感。
上部の天板はこのあとタイルをはることになっている。このカウンターの上にHTHのつり戸棚が設置されることになっていて、今の家から食器棚なども持っていくため、実はキッチンが一番収納が沢山ありそうだ。

こちらは、洗面台の横の収納スペース。2階への水回りのパイプスペースをうまくかくして横にわずかながら収納を確保。収納の上部はふたをしてしまうつもりだったが、意外に収納とか、ちょっとした飾り棚として使えそうなので(jd妻はこういうところにディスプレイをするのが実はすごく好き)、そのままにしてしまうことにした。
rfs0820-3.jpg

風呂周りも綺麗にわくがされて完成形。

rfs0820-5.jpg

洗濯機の水栓はRFS先輩のytakahashi2000邸と同じく壁からでるタイプを採用している。
これはytakahashi2000邸のオフ会での成果であります。まだちゃんと付いていませんけども。

rfs0820-4.jpg

いやー、やっぱりオーナー宅見学は機会が多ければ多いほどいろいろアイデアがでてきます。これから建てられる方は頑張って沢山見てください。

しかし、いろいろ図面が現実になってくるとおもしろいですね。



posted by jd at 17:07| Comment(4) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

一足違い

今日はキッチン周りの造作をやっているはずなので、3時のお茶を持っていきがてら現場を見ようとでかけると、今日は作業の進展が早かったのか、大工さんはちょうど撤収するところで、新居近くの道路で大工さんの車とマイカーがすれ違い。大工さん気づいて、戻ってこられ、「見ていくかい?」と言っていただいたが、どうせ明日も見られるのだからということでお帰りいただいた。

とはいえ大工さんから立ち話で聞いた、jd妻案のキッチンのカウンターが完成したというのが気になり、夫婦揃って足場をよじ登り、キッチンの窓から覗く。他の人がみたら間違いなく泥棒扱いですね。

rfs0819-2.jpg

隅々までは見えなかったが確かにカウンターが完成していた。画像は明日。

ということで今日は窓がしまったjd邸の外観のみですがご覧ください。

rfs0819.jpg

jd夫はだんだん見慣れてきたのか、この外観もなかなかよい気がしてきました。
posted by jd at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

ノルディックレッドの窓枠

塗装が進展し、窓枠のノルディックレッドの窓枠がお目見え。

rfs0818-3.jpg

これまたちょっと想像とは違っていたが、見慣れればこんなものなのかな。
rfs0818-8.jpg
2階のファミリールームのサッシは内側が白くぬってある。壁紙を黄色にしてあり、カーテンをマリメッコにして冒険しているのでどんな風になるか楽しみだ。
rfs0818-4.jpg

2階の大工さんの造作はほとんど終了している模様。
下は設計さんの提案でトイレのところに作った収納部分。実際見てみると意外に大きくていろいろものが入りそう。ふたがちょっと重いのが下のこどもにはどうかと思うけど・・・。
rfs0818-5.jpg

各部屋の収納には、枕棚などが付けられて完成形である。
rfs0818-6.jpg

1Fの方は、まさに大工仕事の真っ最中。今日は3人で作業をしていた。キッチンの部分の造作が始められ、あらためてみるとキッチンのスペースは相当広い。今の賃貸住宅とはえらい違いである。HTHが納められるとどんなになるか楽しみだ。またjd妻が自ら図面を書いた、キッチンのバックカウンターはまもなく大工さんの手でその姿を現す見込み。

rfs0818-7.jpg



posted by jd at 20:21| Comment(3) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

塗装作業

 jdはここに来ておそまきながら夏休みである。
 出かける予定も特になくぼーっとするだけなので、家の懸案をそろそろ片づけねばと思っているところ。

 工事の方は、大工さんによる2階の作業は大方終わり、1階の作業に移っている。2階の方はというとサッシの塗装の作業が始まった。今日の午前中は内部の塗装をしていて、ファミリールームのサッシの塗装が行われていた。

rfs0817.jpg

 20日ぐらいまでに塗装が完了するとのことなので、私の夏休み中に完了することになる。
毎日行っちゃおうかな〜。
posted by jd at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

お盆にもかかわらず、大工さんの闘いは続く

世間はお盆休みに入っている今日この頃ですが、大工さんは今日も暑いなか一人で黙々と作業をしています。本日は2階の部屋の幅木の設置などをやっていました。ご苦労さまです。

rfs0813-10.jpg

部屋のドアもつき始めており、部屋の形になりつつありますね。
rfs0813-5.jpg

それだけでなく2階の方は窓周りなど作業がすすんでいて、窓台も設置されています
こっちは娘の部屋の横長窓。大理石の窓台がいい感じ。
rfs0813-6.jpg

一方ウオークインクローゼット内の窓の窓台は、ちょっとケチっていてパインの窓台にしてあります。これが意外にいいかなあ。目立たないところは大理石を使わないことにしましたが、そんなにパインも悪くない。
rfs0813-9.jpg

フローリングはいつの間にやら完成していて、既に養生がされているのでほとんど見えない
のですが、養生の隙間に見えているものをぱちり。2階はバーチのBF−Nというちょっと白っぽいもの。2階はちょっとだけ北欧モダンも意識したため、フローリングを変えている。
rfs0813-7.jpg
1階はバーチBF−Lという中間色を使っている。カントリー調に合わせたというところでしょうか??
rfs0813-8.jpg

jd妻は全体を見ていて、結構1Fの床の色の濃い感じがよいと言っていたが、これじゃわからないな〜。養生はずしたところが見たいなあ。でも作業中なのでちょっとお預けである。

外観はというと、雨樋などがついて、完成形に近くなってきましたかね?
rfs0813-1.jpg

レンジの給排気は仕上げが終わってこんな感じ。
rfs0813-2.jpg
特に違和感ないですね。

来週までにはサッシの窓枠などの塗装をされるようだ。階段はいつ付くのかな??。
posted by jd at 22:01| Comment(3) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

1階の進展

壁や天井の作業は2階が完了し、1階もかなりすすんでいる。大工さんが一人で黙々と作業していたらしい。

天井の断熱材の「しなしな」は直ったのをjd妻が確認しているが、今日はすでに天井の板が張られて断熱材は見えなくなった。

rfs0810-1.jpg

1階の壁はできあがりつつあり、部屋の形を見せつつある。下はリビングから玄関の方を見たところ。
写真で見る限りとても明るく感じる。これに白い壁紙が貼られるともっと明るく見えるだろう。大きめの窓にしといてよかったなあ。

rfs0810-2.jpg

もう少しで内装が始まるというところでしょうか?ここにきて工事は順調に進展しているようでなによりなにより。
posted by jd at 23:38| Comment(8) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

2階の進捗等々

今日も横浜は暑い。特に風がなくて蒸し暑い。現場は蒸し風呂状態。木製サッシは全開である。
rfs0730-6.jpg

内部に入って早速ユニットバスとご対面。一部しか写真で見ていなかったが、全体はこんな感じなのね。まさに家の中に箱が一つ置かれているようなもの。僕は、このユニットが箱ごと持ち込まれるのかと思ってました。設置直後のせいかなんとなくカビくさい。ここも勝手に窓全開にして空気入れ替え。
rfs0730-4.jpg

2階の方は工事が進展して、天井や壁を貼る作業に入っている。ちょっといただけなのに見る見るうちに壁ができあがる様は圧巻。今日は大工さんは1人。ラジオをかけながら黙々と作業をしている。

ファミリールームから階段を見たところ。階段の窓は、jd妻の案を取り入れて位置を少し下げた。ファミリールームは天井が貼られて勾配天井の感じがはっきりしてきた。ここは先輩のhigom邸とも非常によく似ている。
rfs0730-1.jpg

主寝室のウォークインクローゼットを見たところ。左側のスペースとして、実は「仏壇スペース」を用意している。一族の長男坊はこういうことも考えないといけないわけですな。当分は仏壇は実家にあるので、いつ置かれることになるのかはわかりませんが・・・。しばらくは本棚でも置いておくことになるのかな。
rfs0730-2.jpg

北側は娘のへや、北側になる代わりに勾配天井を取り入れている。北側斜線の勾配の要件もあり、とても複雑な天井になっている。子供の間ではちょっとした争いにはなったが、長男が南向きのへや、長女が北側勾配天井の部屋に落ち着いた。嫁にいったら僕の趣味部屋かな?
rfs0730-3.jpg

我が家のキッチンの吸気/排気ダクトは、1階と2階の間のモールのところに出ている。外観上のことを考え、普通はあまりやらないそうだが、こうしないと、キッチンのところが少し下がり天井になりますよということだったので、どうせ隣家があって見えないところだしいいかということでこういうことになった。見た感じはそれほど違和感もないし、これで天井が下がらないならOKかな。
rfs0730-5.jpg

 ちなみに玄関ドアはもう変わっていた。懸案1つはクリア。
 1Fの天井の断熱材は工程上は来週の対応なのだそうだ。現場監督さんからは、早くやってもらえないかということを大工さんに伝えているようで、大工さんもえらく気にして僕に声をかけてきた。こちらとしては普通の工程の中で、最終的になおしてもらえばいいですよと答えておいた。特に工程を変更してもらうほどのことはない。いつやるのかわからないから心配なだけで、こういう情報さえいただけば別になんのことはないんだけども・・・。

 大工さんは盆休みもずらして作業をしていただけるとの話である。ご苦労さまです。宜しくお願い致します。
posted by jd at 12:22| Comment(8) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

台風一過

 いやー、ここ2日は関東はとても暑い。
工事の人はたいへんだろうな〜と思っていたら、今日は大工さんはお休みで外壁の工事だけだったそうな。

 きーたさんに以前に言われたユニットバスの組上がり状況チェックのため、jd妻を現場に派遣したところ特に問題なしとのこと。でも写真でみるとよく考えるとタオルバーの位置とかちょっと気になる。図面の通りだからしかたないんだけど・・・。こういうのは実際に形にならないと気がつかないですね。

rfs0728-1.jpg

rfs0728-2.jpg

 再三でてきている1F天井の断熱材のゆがみはまだ直っていなかったようだ。大工さんがいないのでしょうがないか・・・。なおったかどうかわからないまま天井に板張られちゃうとこまるなあ。

外壁の方は、窓のモールディングなども施され、かっこよくなってきたじゃないですか!
今度の土日が晴れると、午前中のは日が当たってサイディングがどう見えるかがたのしみですね。それまで足場の覆いが台風対策状態のままだといいんだけど・・・。

rfs0728.jpg

rfs0728-5.jpg

rfs0728-6.jpg




posted by jd at 22:59| Comment(3) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

台風前日

 RFSとは関係ないが、私は台風がくると商売あがったりの会社に勤めているので、こういう時はひどく憂鬱である。
 現場の方は、台風を前にして今日は南面のサイディングが完了。残りは玄関側の1面のみ。またユニットバスの搬入もあったようだ。

 jd妻は最近めんどくさいのかあまり写真を撮らない。仕事でみることのできないjd夫はちょっとつまらない。ユニットバスってどういう風に入るのか注目だったんだけど・・・。
 
 ちなみに1階天井の断熱材はまだ直ってなかったとのことで、jd妻が現場監督さんに再度お願いしておいたとのこと。これもチェックリストにいれておかねば・・・。
 
posted by jd at 22:54| Comment(9) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。