2005年03月16日

ホワイトデーの出来事

 3月14日はホワイトデーでしたが、私は年度末の繁忙期で残業の嵐。
 職場の近所には洒落た店もなく、終電間際の電車で帰ってきて、jd-妻と娘に何も買っていないので、コンビニによりお菓子を物色したが大したものがなく、遠回りして24時間営業のスーパーまでとぼとぼ歩き、残っていたケーキを買って帰りました。まあこれで勘弁してもらおうとつぶやきながら寒い家に入ると、ダイニングテープルにきれいな箱に入ったクッキーが!!「むむ、これは・・・」。

 翌朝、jd-妻曰く、「昨日RFSのYさんがお礼にと届けてくれた」とのこと。そういえばバレンタインの間際の打ち合わせの時に、営業さんと設計さんにお菓子あげてたなあ。そのお礼をわざわざ届けるかあ・・・。

 冷蔵庫に入れたケーキのことがいえなくなってしまった。

 RFSの気配り恐るべし。jd-夫、その気配りに完全敗北の一夜。
posted by jd at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月15日

窓、ドアの位置を変更

南側からみた時、2階の中央にあるファミリールームのところにあるドアと窓が、実は若干真ん中からずれています。これは家の内側からから見るとファミリールームの壁の中央に位置していておかしくないのですが、「シンメトリー」な外観という点から見ると、ちょっとおかしい。

jdshouse-south.jpg

 どうするかな〜、まあ若干のずれだし、窓が部屋の真ん中の方が部屋の雰囲気はいいかなと思ってそのままにしていたら、RFSの営業さんから15cmほどずらせば、完全にシンメトリーになりますよとの提案があり、最後は、営業さんも設計さんも「変えた方がかっこいい家になります」との押しがあって、急遽今日変更することになりました。

最近「かっこいい家」という言葉に弱くなっています・・・。
posted by jd at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

地元のこと

現在、私の住んでいるところは横浜でも近くに海あり、山あり、遊園地あり、動物園あり、アウトレットありと、大変よいところです(ここまで書いちゃうとどこだかだいたい想像できちゃいますね)。横浜特有の坂の多いところがやや難ですが、駅から10分ぐらいの山(丘?)の上の賃貸住宅に住んでいて、ベランダからはオーシャンビュー。近所は家1軒が取り壊されると、その跡地に家が4軒建ってしまうような、区画の大きい古い住宅地であります。

 環境もさることながら、家族全員、地元のコミュニティーにけっこう溶け込めて大変居心地のいい場所になっているのが、離れがたい理由です。私は転勤族で、会社以外の近所付き合いもいままではあまり積極的では無かった方ですが、過去にすんだところと比較して、ここでは子供の活動を通じて付き合いが格段に広がっており、今やコンビニで立ち読みしているといろんな知り合いに目撃される始末で、あぶない、あぶない。とけ込みすぎてうっかりしたことができません。まあこんな地元の生活を楽しんでいます。

 今度家を建てる土地は現在すんでいるところから車だと回り道をして10分、歩いたら最短で20分程度のところにあり、多少環境は変わるものの今までの付き合いも続けられるであろうというところが、まさに決断をした最大の要因。
 近所にはマンションも多数建ちはじめて、新しい転入の方も増えてきており、子供も増えて活気がでてきています。これから土地を探される方、おすすめですよ〜。
posted by jd at 22:21| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

「見せる」家

 今日も雪のぱらつく午後になった横浜ですが、ICさんとの打ち合わせで横浜MHへ。
 今日もMH中は暖かい。やっぱりいいなあ。午後からの打ち合わせということもあって、MH見学の方もずいぶんお越しになり、営業さんも忙しそう。いやー、いいことじゃないですか・・・。そんな中、1階のキッチンの横のスペースでうち合わせ。
 
 今日は壁紙や照明の打ち合わせでしたが、先日奥さんが下打ち合わせをしていたので、ほとんど私はうなずくだけ。壁紙はほとんど標準で、あまり冒険はしていませんが、ファミリールームだけちょっと遊んじゃいますかと、一面を黄色にする方向。
 照明は、どちらかというと子供部屋以外は間接照明が多数となり、寝室はホテルっぽくなりそうで、私としては満足です。しかし、やはりカントリー調とはちょっと違う方に進んでいて、非常に新たな発見ですが、ダイニングテーブルなどは今のがカントリー調の権化みたいなやつなので、大丈夫かな・・・。
 後はいくつかの宿題がのこったのと、カーテンが来週の打ち合わせになったことぐらい。奥さんはインテリアに入ってとても楽しそう。私はちょっと風邪が治らなくて体調がよくなく、何となくすっきりしないのですが、着々と家の話しは進んでいるという今日の一日でした。

 夜、愛犬の散歩のついでに近所の家の照明なんてどんなもんかなとぶらぶら歩いてみましたが、ちょっと古い住宅地のせいか、雨戸とかシャッターとかがガッチリ閉まっていて、照明など全くのぞけない家が多く、道路も街灯だけで暗くて意外と「照明」で「見せる」家なんて少ないんですね。むしろ、近所のマンションの方がいろんな色を窓際から感じさせ、遠くから眺めても、部屋ごとにいろんな表情があるものだなあと。我が家はもちろんシャッターはなく、カーテンもあまり分厚いものをやらない方向なので、照明が外から楽しめる家になるのではないかと思ってます。

 「どうする??」といわれていたベランダのところにも防水のコンセントをつけることになり、今年のクリスマスはデコレーションもものすごいことになるかもしれません・・・。国道16号線沿いの名物「見せる」家となるのかどうか!!でも・・・、電気代が今からちょっと怖いかも。
posted by jd at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月10日

着工? 2ヶ月前

 最近なんか会社が忙しいのと風邪がなおらず体調が悪いので(今年のはしつこいな〜)、家のことをかまっている時間がなかなかない中、今週末の3月13日で契約上の構造変更申し出期間が終わってしまい、この後は構造的に設計を変更することになると費用がかかることになります。最後に家相事件などでばたばたしましたが、私自身はここまでくれば他になにがあろうと変更はしないぞ〜という境地には至っていますので普通に3月13日を迎えることになりそうです。その日はまたコーディネーターさんと打ち合わせ。

 地鎮祭を5月10日にやることになりそうなので今日がちょうど2ヶ月前。土地のよう壁の直しは1ヶ月以内には始まってしまう状況。11月末にRFSに申し込みした時には4ヶ月もあると思っていたのに、ここに来てホントに時間がないのにあんまり物事が決まっているように思われず、こんな調子でいいのかなと思うことしきりです。
 危機感が生まれないので、カウントダウンの日めくりでも作ろうかなあ・・・。
posted by jd at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月09日

「好み」

 いろんな人と話したり、ものを見ているうちに、自分の好みが実はもともと思っていたのと全然違うという経験はありませんか?

 我が家の今の家を造る行程はまさにその状態。私はメーカーを決めるまでは「安いそれなりの家」を建てればいいやと思っていたのですが、実は結構「納得感のあるかっこいい家」を作りたかったんだとか、ハウスメーカーのいろんな方と話しているうちに違う自分の発見がありますね・・・。

 昨日、我が家の奥さんもICさんと打ち合わせだったのですが、結果からいうとICさんが我が家が再三いっていた「カントリー調」でまとめていただいたのに対し、実は奥さんは2階だけはモダンにとかいう考えもでてきたらしく、結構ICの提案を変更してもらうこと多数だったようで、きっとコーディネーター梅内さんは驚いたことでしょう。
 できあがってみたら最初のイメージとは全然違うものができてくるかもしれません。まあそれ我が家の「好み」なんでしょうからよしとするか・・・。 
posted by jd at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

インテリアコーディネート

 今週末は子供のイベントでちょっと忙しく、RFSとの打ち合わせはスキップしてしまい、8日に奥さんだけでコーディネーターさんと話してもらいます。家の奥さんは方向感覚がとんでもない人なので、ちゃんと横浜MHまで着けるのかとても心配・・・。

 それはさておき、照明などは今度の打ち合わせで私どもの担当であるICの梅内さんからご提案を受けることになっているのですが、予算の都合から言えば、今の家で使っている照明をいくつか持っていこうとしています。果たしてスウェーデン住宅にフィットするかという疑問もあることはあるのですが、このあたりはやむを得ないところか?。
 家の奥さんは今あるカーテンも一部自分で仕立てて流用し費用を浮かす作戦も考えているようで、このあたりは中途半端に自前でやるくらいなら、きちんとコーディネートしていただいたものを新しく入れた方がいいという私の意見とはいささかの食い違い。私はモデルハウスについているブラインドみたいに引き上げるカーテンが結構好きなんですけどね。

 果たして、梅内コーディネートはどんなものがでてくるか?特に費用のことはとてもうるさい?一家なので、とても注目です。結果は8日・・・。
posted by jd at 23:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

RFSの評判

以下個人的なたわごとです。

 最近ブログやメーリングリストなどでRFSへの厳しいご意見がでていることについては、正直これから建てるものにとってはとても気になるところです。

 RFSの営業さんには私は非常によくしてもらっていると思っており、今の私担当の営業さんの存在がRFSに決めた一因ではあるのですが、RFSに決める前の交渉の段階から、営業ががんばっている個人会社の延長という印象を受け、RFSの会社としてのフォローアップの体制にはいささかの不安はもっています。

 何度かオーナー宅見学会でのコメントを伺ったところでも、建築後のアフターサービスは営業さんとの個人的なつきあいに依存している印象も受けるので、この点は本当に気がかりです。なにしろ最近は営業の方は新しい契約をに追われてとても遅くまで仕事をされ、一方ですでに建てられた顧客とのトラブルの窓口もやっており、あらゆる顧客のニーズに即、応えて行くのはとても難しいことでしょう。

 私自身決して、RFSにとっては聞き分けのいい、扱いやすいお客ではないと思いますが、今までしてきた打ち合わせや交渉の中では、結構「あれ?」と思ったことがないわけではありません。

 むしろこのあたりは、今までの「目新しいメーカー」から、急激に顧客に認知され市場を拡大しているハウスメーカーとなってきているRFSにとっては、会社としての体制の問題が表にでてきているということかもしれません。

 RFSの建物の基本性能には特に不満がないので、自己防衛として、そのすべてが自分の家で実現されるよう、行程をこまめにチェックをしていきたいと思いますが何しろ素人で太刀打ちできるものかどうか・・・。

 最近RFSの親会社が上場だとか景気のいい話しをいろいろな方から聞きますが、親会社がどうのこうの言う前に、「最善の暮らし」を提供することを約束している会社なのですから、顧客がどんどん増える状況下では「顧客の最善」のためには何が必要か、この点は営業さん個人の努力に任せるのではなく、会社の体制として今まで通りでいいのかということは考えていただく必要はあると思います。

 最近はブログをRFS社内の方もごらんになっているようですので、ぜひ体制(特にアフターサービス体制)のことについては是非まじめに検討頂きたいものです。私自身はRFSを心から応援したいと思っていますが、これから建てる契約者の一人として、最近の批判にはとても不安も感じています。今後、多くのオーナーの方々から改善の動きが伝わってくることを望みます。僭越ながら一言書かせていただきました。


P.S. 
 RFSのホームページの中身がちっとも充実していかないこともとても気になっています。もう少しやる気を見せた方がいいですね。会社の元気がまったく伝わってきません。
posted by jd at 23:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

セキュリティ問題

私の父は、昔仕事でハウスメーカーに関わっていたこともあって、家のことには結構うるさいのですが、我が家の立面図を見たときの第一声が「雨戸もないのか?」。どうも雨戸がない家はセキュリティ上危なくてしょうがないという印象を持っているようです。

RFSでは先日拝見した綾瀬市のオーナー宅見学ではじめて窓にシャッターがついている家を拝見し(準防火地区なのでシャッターが必要だったそうです・・・)、こういうのもあるのかと思いましたが、やっぱりデザイン的にはなくていいなら、シャッターとか雨戸ってRFSには合わないかなと・・・。

セキュリティの問題をそんなに気にする必要があるのかという気もあるのですが、近所で最近空き巣とかが結構発生しており、心配といえば心配でもあり、ホームセキュリティを入れるしかないかなと考えつつあります。ホームセキュリティ導入にあたっては、我が家のように室内犬も飼っているとなると、防犯センサーも特殊な設定が必要となり、いろいろ検討すると結果として「セコム」が最終候補に残るのですが、これが工事費も毎月の費用も結構なお値段で・・・。

結構、需要拡大でセコムも強気なのか、営業に来ても値引きの話とか全然しません。他社と競合してると話しても全然気にしないみたいで、自分の所の品質に絶対の自信がある感じ。うーむ。

こういう状況は、ここ数ヶ月、家に関するもので値段の交渉をしないものはなかったという「金欠の人」にとってはまことに導入を決断しにくい状況。値引きがないなんてねえ。
 
 また一つ出費が増えていくのか・・・。
posted by jd at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

ちょっと公開

今日も寒い一日でしたね。

もうたぶん変更もしないと思うので、ちょっとですが我が家の外観を公開させていただきますのでご覧ください。

jdshouse-south.jpg

 1階はダイニング、リビングが南に面し、2階は両サイドが夫婦と子供の部屋、ベランダのところはファミリールームになっています。
 ほんとはRFSオーナーの先輩であるJIJIさんのお宅のように、家の真ん中にハーフラウンドの窓とかをかっこよくつけたかったのですが、土地がちょっと高台で、風の吹き上げが強いからあまりこった屋根にすると吹っ飛ばされるぞという私の父親の持論により、その案は残念ながら却下。1階をタイルにという野望も予算であえなく断念。
 ということで外観はきわめてオーソドックスな長方形の形となりました。ただちょっとシンメトリーというところは意識しています。
 結構庭があるので、1階のフレンチドアを開けるとどんな風景が広がるのかとても楽しみではありますね。 

 これからこの南立面図にどんな色を塗ろうかとお悩み中です。こんな家ですが、良いアイデアがあったら是非ご教示ください。お待ちしています。
 
posted by jd at 23:51| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

まもなく・・・

書きますだけ書いて、しばらく放っておいたら、もうytakahashi2000さんからコメントをいただいてしまいました。お恥ずかしい。

 いやはや、毎日何かを書こうとは思っているのですが、まだ工事どころか、土地の決済も終わっていないので、毎日家に関して何かが進行しているわけでもなくちょっと手持ちぶさた。
今日も家に関する進展といえば、奥さんと娘が宿題の壁紙をあーだこーだと言っているのを聞き、そんな高い壁紙はだめ!とたしなめているといったところぐらい。だまっていると部屋をシンデレラ城かなんかにしちゃいそうな勢いでものすごい柄の壁紙選んでます・・・。

 ところで、3月に入ってローンの金利がちょっとずつ上がっているのが気になりますね。特に注目しているフラット35は一斉に上がってきており、話しによると今までがキャンペーン金利のようなものだったとか。これだと私の家の完成は秋なのでそのころになったらキャンペーンなんか終わって普通の金利に戻ってしまうのかな。こうしたローンは申し込んだ時点で金利が決まらないのでとても悩みますね。ギャンブルじゃないんだけど・・・。時間はあったんだからもう少しローンについて勉強しとくんだったな〜と反省する昨今であります。

 今月の25日は大安ということで土地についての決済を迎えます。
 ついにローン地獄にはまるのか・・・(ため息)。どういう気分なのかな〜。
posted by jd at 23:32| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

「家相」事件のその後

 この件では、いろんな方からコメントを頂きましたが、結局のところは家相に関連したレイアウトの変更はしませんでした。

 要は「家相」は一つの考え方であろうという思いに達したのと、とてもトイレを含めた水回りのおさまりは、家内も含めてずいぶん変更をした結果がとても気に入っているので、トイレは2階にもあるし、そんなにこだわることはあるまいという結論であります。

 この結論を話の震源地に伝えたところ、先方は「あーそう」とのいささか不満気な返事だったそうですが、その後は立て続けに「地鎮祭だけは、この日にやりなさい」、「神棚は作らなきゃだめ!」との忠告があり、現在我が家は「このぐらいはやりますか〜」と「家相派」と妥協する体制に入っております。まあこれは我が家の奥さんへの安心材料の提供ですね。
 
そのうち「家相にこだわらないなら、わざわざ聞くなよ!」とか怒られそう。確かに聞かない方が気持ちよく建てられたかな・・・。「家相」は気にしないと断言できるかたは、最初からさわらないほうが無難かもしれませんね。勉強になりました。

posted by jd at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月28日

宿題どっさり

 インテリアコーディネーターさんとの打ち合わせが始まりました。今日は外壁、モニエル瓦、壁紙、照明などをどうするかというだいたいのポイントをお話いただき、来週あたりにコーディネーターさんのご提案がいただけるとのことでした。我が家もどうしたいか検討するよう宿題をいただき、壁紙のサンプルをどっさりお借りしてきました。
 
 私は外観こだわり派で、サイディングとか、屋根とかどうしようかと以前からあれこれ考えていたのですが、瓦はモニエルの新色「クレマロッソ」を使えないかとお悩み中。先日は、朝6時に起きてこの瓦を使っている実際のお宅にも調査に行ってきました(朝7時ごろにデジカメで家を撮っている姿は相当怪しかったであろう・・・)

(↓ちなみに新色はここにのってます)
http://www.lafarge-roofing.jp/natural/index.htm

 ただ、今日コーディネーターさんから「これはスペイン風の感じですね〜」と自分でも思っていたことをズバリ言われ、やっぱり「スウェーデンにはあわないかな」とちょっと意欲減退。RFSでは初の事例ならということで使ってみたいなという気もあるんですが、コーディネートはちょっと難しいのかな・・・。

 サイディングも白で考えていたのだけれど、最近のいろんな方の事例をみるにつけ、ノルディックレッドもとても個性的で良いかなという気になったり・・・。
 
 まあ、こういうのは家を建てる時のうれしい悩みなのでしょうね。3月いっぱいかけて、子供も交え、ちょっと悩みまくるかなと思っています。
posted by jd at 00:10| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

家相にこだわるべきか・・・

 奥さんの親せきの方に家相とかにこだわる人がいて、「後でなんでこんなことしたの!」とあれこれと言われるのもなんだなと、「時間があったら見てもらって」と図面や土地のある場所の地図を送ったところ、今頃回答がきてちょっと気になる結果を言われて、我が家は混乱。

@着工は4月16日までに。
A階段下のトイレは不可。
B仏壇置き場は1階に(実は親からは、将来実家の仏壇置き場を引き取ることもあるだろうから、置き場だけは確保しておくようにいわれて、自室の中に確保すみ)

 全部今の予定だと無理。着工は5月にしかできないし、AとBはレイアウトで結構こだわってきたところ。今更変えようとすれば、結構いじらねばならないじゃないか。確かに家相のホームページなどを見てもトイレは階段下は良くないという話しも書いてあったのですが、結構階段下のトイレという例はあるとも書いてあるし・・・、実際そういう例もみてきたぞ。

 私個人はあまりこのあたりこだわりがない人なので、結果を聞いても「レイアウトは絶対変えないよ」というものの、奥さんは心配げ。しかし、せっかく広々としたレイアウトを実現したのにこんな一言で変えるというのもねえ・・・。

 家相にはこだわるべきか・・・。なにか方法はないものか・・・。

posted by jd at 01:02| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月21日

jd家、今週末の動き

 週末は天気が悪く、特に土曜日は寒かったですね〜。
 そんな日ではありましたが、2月19日(土)我が家はいつもの通り横浜MHへ朝10:00にお出かけ。朝、雪が降り外は気温2度ぐらいでしたが、MHは開けたばかりでも相変わらず暖かく、「よしよし」と思いながら、MHの2階で契約の話し。事前に内容はほとんど聞いていたこともあり11:00には契約完了となりました。まあここでは特段の感慨もなく、淡々とはんこを押すのみ。jd家の一生ものの買い物が決まりました。

 いよいよ来週からは、インテリアコーディネーターさんとの打ち合わせになります。カントリー調を好むうちの奥さんは我が家で内装担当リーダーとして、あれやこれや雑誌を切り抜いたりして構想を練っており、自分でカーテンなんかを仕立てたいとの野望を持っているようで(まあこれは経費節約もかねてなんですけど・・・)、コーディネーターさんとどんなバトル(??)になるか楽しみですね・・・。私は外観担当なので、サイディングや屋根のモニエル瓦の色を何にするかでものすごく迷ってます。

 日付変わって日曜日は、綾瀬市のオーナー宅の見学への出かけました。家の大きさはほぼ私の予定の家と同じぐらいの32坪ほど。自分の家のイメージをつかむには良さそうだなという期待で行ってみると、一緒に見学されるかたが、4〜5家族。みなさんまだハウスメーカー検討中の方のようでしたが、やはり家の中の暖かさに驚いている様子。冬もほとんどエアコンは使わず、オール電化の家なのに1ヶ月で電気代1万5千円以下というところにも関心を寄せておられました。
 私はといえば、これまたリビングと、洗面やお風呂のレイアウトが自分の家に似ているので興味津々。こういう風になるのかとイメージをふくらませ、帰りの車中で奥さんとひとしきり盛り上がりました。過去にも何度かオーナー宅の見学をさせていただいておりますが、オーナーの方の話しは皆一様に満足されていることがうかがえ、それを聞いていると私もこれまた「よしよし」と思ってしまいますね〜(これまたおかしいかな?)。

 さすがに見学会での営業さんの話しはすでに何度も聞いている内容なので、そろそろ私も導入の「天井高2.7m」の話しから、一通りの解説ができそうですね。
 ちなみに私の「RFS」は横浜市某区に建てる第1号なのだそうです。できあがったらオーナー宅見学会も、解説交えてしっかり上手にやりますから(!、ちょっとしゃべりすぎそうですけど・・・)、RFSのみなさん(特にYさん,Aさん)いい家にしてくださいよ〜。


posted by jd at 00:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月18日

契約目前

17日は会社を早めに退社。夜遅くにRFS営業さんが自宅に来られて、契約直前の打ち合わせ。見積書もほぼ最終のものをいただき、もろもろ変更点などを説明していただきました。

結果的に、ファミリールームの勾配天井などをいれたりした関係で、申し込み時より
若干予算オーバーですが、これは自分の満足を得るためには必要なのだ!!と言い聞かせています。
奥方は結構キッチンにはこだわり、結局HTHを入れることに・・・。もともとカントリー調のキッチンを夢見ていたらしく、取っ手などもオリジナルから変更。I型の対面キッチンですが、キッチンの後ろにオリジナルのタイル張りのカウンターも設置することになり、費用増にはいささかあせりつつも、カウンターのデザイン自体は、つたないながらも奥さん自身で書いたものが、設計の方の手を経て形になったこともあり至極ご満悦の様子。

先週打ち合わせに行ったときには、営業の方々から、いたく順調でスムースな打ち合わせだったと言われそんなものかなと思いましたが、12月から3ヶ月あまり子供をほったらかしで毎週週末の打ち合わせは結構きつかった。もちろんこれから、インテリアコーディネーターさんとの打ち合わせに入りますので、打ち合わせはさらにつづく・・・となるのですが、とりあえず今週の土曜日で一区切りとなります。

ぐたぐたと愚痴を書いた土地についてもよう壁の費用が予算の範囲でおさまるようになってきたり、ようやく家が建つぞという盛り上がった気持ちになってきました。あとはローンのことをクリアにせねば・・・。

早くブログに写真を載せられるようになりたいなあと思います。
着工は5月中旬、完成は8月末の予定です。

posted by jd at 01:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

さて、まずは自己紹介から・・・

まずは私の紹介からはじめましょう・・・

私 :40台前半 男
家族:私、奥さん、娘(中学生)、息子(小学生)の4人家族。
仕事:普通の会社員、いわゆる転勤族

 横浜には私の実家がありますが、会社に入ってからは住んだことがなく、最初の赴任地が大阪→そのあと関東→また関西と引っ越しを経て、4年前に横浜に戻りました。
子供も大きくなり、奥さんの実家も関東なので、ここにいるうちにそろそろ家を考えなければ一生転勤で社宅住まいだと思い始めたのが3年ぐらい前。
 以来冷やかしがてらモデルハウスをのぞいて構想を練っていたわけですが、思えばその前にも関西にすんでいた時に神戸の六甲アイランドの住宅展示場にも行ったことがあり、そのころから何となく輸入住宅を考え始めたのかもしれません。

 関西のモデルルームで「どこでお建てになる予定ですか?」と聞かれて「横浜かな・・・」と答えて、「なんだこいつ・・・バカじゃねえの?」という顔をされたのが強烈に印象に残っていますが、あれはどこのメーカーだったのかな・・・?RFSじゃないことは確かですが。玄関を入ると大きなリビングがすぐにあって、アメリカのドラマみたいでいいなあと思った記憶があります。
 という訳で、その潜在的な輸入住宅指向が、現在のRFSに決めることへとつながったんでしょうね。

昨年から我が家で急激にマイホームの話が盛り上がりはじめ、その後はあっと言うまでありましたが、

ざっと私の2004年マイホーム関連ニュースを振り返ってみますと
1〜3月 仕事でへろへろ、家どころじゃない・・・
4月   土地探し開始
5月   とあるところに土地を決めかけてやっぱりやめる。
     何となく不動産屋にまるめこまれそうになった感じ。今思えばやめてよかった。
6〜7月 家のことではおとなしくしている
     (奥さんの知り合いの方の占いで、家とかはこの時期買っちゃだめといわれまして・・。そういうのちょっと気になりますよね?)
8月   RFSの営業さんが土地の話をもってきて、突然その話が盛り上がり始める。
9月   ついに勢いが加速し土地契約!!RFSはじめメーカーの攻勢が開始される。
10月〜 毎週ハウスメーカー選びで飛びまわり、これまた疲労困憊
11月末 RFSの怒濤の攻勢に寄り切られる・・・ではなくて建てたかったメーカーに決める。
12月〜 毎週打ち合わせ

で現在に至っております。

 現在の状況はRFSの最終の見積もりを頂いて、細部を調整しているところ。
まもなく契約となるはずですが、数千万の買い物ですから、結構ビビってます。住宅ローンもいろいろ難しいし、早く打ち合わせとか面倒なことが終わって、建築が始まらないかな〜〜と思う毎日。
土地から購入だといろいろ面倒なことは多いですね。このあたりはまた別の日に愚痴らせて(????)ください。





posted by jd at 03:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

初めまして

マイホームを建てることになりました。

どんな条件かというと・・・

場所:横浜市
ハウスメーカー:ロイヤルフォートスウェーデン(RFS)
建坪:約33坪
てな感じの普通の家です。

建築は4月ごろ開始の予定。
現在は毎週メーカーと打ち合わせをしているようなところです。

ロイヤルフォートスウェーデンの情報は、最近になってブログで発信されるかたがでてきましたが、私もこのメーカーに決めるまでは、「雰囲気はとても好きだが、あまり聞かない名前のメーカー・・・、ほんとに大丈夫なのかな?」と思っていたくちで、情報が少ないことに困っていた一人です。結局いろいろ悩んだ末に決めましたが、自分がこのメーカーで建てることになったということで、マイホーム建設の記録がてら、同じようにRFSに興味を持っていらっしゃる方に自分の体験をお伝えできればと思っています。
つたない内容かもしれませんが、どうぞよろしくおつきあいください。

posted by jd at 01:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。