2005年12月03日

12月・・・

 早くも12月、今年も後わずかですね。我が家の近所はクリスマスの飾りがすごいお宅ばかりで圧倒されております。うちもささやかながらなんかしようかなという気もあるのですが、週末が忙しく、なかなか手に付きません。
 
 引っ越してまもなく2ヶ月ですが、相変わらず家は快適。ただ明け方はさすがにちょっと寒いというところでしょうか。夜、外から帰ってくると家の中の暖かさは感激です!!

 とここまで家に関しては抜群に好印象なのだが、一方この2ヶ月で、メーカーのRFSとの接点はほとんどなくなってしまい、どこのメーカーで家を建てたのかも忘れてしまいそう。まあ確かに完全に縁がきれているならそれも仕方ないだろうが、

・実は網戸の設置など、工事はまだ残っているはずだが・・・。(まあ別に今つけてもらわなくてもいいといえばいいけれども・・・)
・その分の残金を払わないと引き渡しができないとか言われてきちんと払ったはずだが・・・。
・支払ったお金の領収書も何回分かもらってないはずだが・・・。
・「北欧通信」はまだ旧住所に送られているようだが・・・。
・アンケートが送られてきたけど、返信用封筒にも、アンケートの依頼にも返信先が書いていかったようだが・・・。(どうしろってことかな?)

 RFSのみなさんも忙しいのだろうと黙っていたが、先達オーナーのご多分にもれず、言わないと何もしないのだろうなという気もしてきた。

 もうお客さんではないのかな・・・。何となく寂しい・・・かな? 

posted by jd at 01:44| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

家屋調査

 入居して1ヶ月、いきなり横浜市から家屋調査の連絡が来た。
 
 他のオーナーの事例と比べてやけに早いなあとは思ったが、こればかりは逃げても仕方がない。11日を指定してきたが、jd妻のバイトの休みである8日に繰り上げをお願いし、調査の方が来られた。
 相手をした奥さんに「何を聞かれたの?」とあとで聞いてみたが、特に聞かれたことはなく(ytakahashi邸のように「これはスウェーデンハウスですか?」と聞かれた時の回答をいろいろ考えていたのですが・・・)ひとしきり中をみたあとは固定資産税とか確定申告のことを懇切丁寧にご説明いただいたのだそうだ。

 調査はかえってどこに注目していたのかわからないのがちょっと??ではある。来年は帳簿閲覧に行かなければ・・・。
posted by jd at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

入居1ヶ月

 入居後公私ともどもバタバタしている間に早くも1ヶ月がたってしまった。
 この間に外構はこんな感じになっている。Harryさんご指摘のデッキの雨だれ対策は実は前から気になっていたのだが、何しろ風が強いところなのでどうしたものかと相談していたところで、現在試しにいろいろやっている。今日は雨が降らなければ形になったんだけどね〜。
 
rfs1105.jpg

 先日、外構の費用をはらって大きな出費となるものは全て終わってしまい、金策を考えることもなくなった。ローンと家が残ったというところでしょうか?

 さて1ヶ月経ったところでの住み心地をつらつらと書きますと・・・

・もう遮音性の話しはこれにすっかりなれてしまった。とても静か。今日も横浜は夕方強い雨が降ったが音はぜんぜんわからない。
・室内の温度はなにもしなくても23度前後。家の中では半袖/短パンで過ごしている。
・湿度はだいたい60%前後で安定。よく言われている室内の乾燥はまだそれほどでもない。
ちなみに洗濯ものはよく室内で干している。
・施工の問題で一番ビッグなものは、コンセントが1カ所ついてなかったことが発見されたこと!かな。みんなのチェックが漏れていたというのがすごい。まあ確かに目立たないところではあるが・・・。これを指摘したら、その直しはすごく早かった。このときについでに電気屋さんなのにローマンシェードをつけてもらっちゃったりしたそうだ。他に細かいところで気になるところがいくつかあるが、大したことではない。
・INAXのトイレは全自動すぎて、これは子供の教育上よくないですねえ。水を流す習慣なくなる。ちなみにタンクレストイレはすごくいい。音もまあまあ静か。リビングの近くにトイレを作ってしまい、ちょっと気になっていたが、実際には全然問題ない。階段下というところもまったく問題がない。僕はとても気に入っている。
・ファミリールームは子供用リビングとしてうまく機能している。下の子の友達が遊びに来ても、みんな2階に上げてしまう。こちらは下でゆっくりである。
・キッチンのjd妻デザインのカウンターは奥さんはかなりご満悦のようだ。家具で買うとこういう使い勝手にはならないとのコメントである。それは良かった。
・収納は足りないかなと思っていたが(特に1F)、今のところそうでもない。あるといろいろしまい込んでしまうので、この程度でもよいのかもしれないと思い始めた。
・玄関のタイル(ミルフォード)は今のところ泥だらけである。これはもう庭を何とかしないとどうしようもない。奥さんは今日デッキブラシを買ってきた。
・玄関横の収納はとても重宝している。いろんなものをぶち込んでいる。棚板がもうちょっとあった方がいいけれども。
・床はまた着々とキズは増えている。もういいや・・・という心境である。
・電気のスイッチはちょっと動線上、場所を考えればよかったかなというところがある。なかなかイメージ出来なかった。
・風呂の脱衣所を広くとったり、棚をしつらえたのはかなりのヒット。洗濯機の下には、higomさんのブログを参照し、キャスター付きの台を置いた。これもなかなか使い勝手がよいです。
・24時間換気の吹き出しのところは風が結構気になる。吹き出し口のつける場所は相当考えないとその下に座るとさすがに寒い時あり。

てなところでしょうか?
まあ、前の家にくらべれば何もかも広いので、文句を言うこともないわけですが・・・。

 家とは関係ないですが、最寄りの駅は一駅かわり、快特や特急が止まる駅になりましたが、家を出る時間はほとんどかわらないのに、電車を選べば毎日座れるようになり、通勤の利便が格段に向上してしまいました。朝40分ぐらい電車で寝られるというのは、個人的にはかなりの違い。こういう環境も重要ですね。
posted by jd at 22:56| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

見学者が来た!!

 入居早々、やっと段ボールがなくなったな〜と思っていたら、我が家担当のRFSさんが自分のお客様を連れてくるので新居を見せてくれという。
 まあ世話になってきたし、お役にたてるならねということで協力。日曜の昼の2時にくるということでお出かけもできない・・・。
 
 営業氏曰く、お客さまご夫婦のご希望を聞いていると、我が家の間取りによく似ているとのことであった。今まさにメーカー検討の最中とのこと。どんな方が来られるのかなと思いきや、お見えになった一家はとても若そうなご夫婦でお子さんも幼稚園生みたいだ。自分がこのぐらいの年齢の時には家を建てるなんてまだとても現実的じゃなかったけどな〜、大したものだと感心。
 実際、中に入ってこられると家の主要な仕様は営業氏が解説するので、われわれはお子さんのお相手。ご質問は「これは標準なのか?」というものが多く、以前の自分を見るようだ。
我が家はほとんど標準なので、そういう意味では参考になるかもね。
 エアコンとか、遮音性のこととか聞かれて、入居後の所感のごときを答えたところ、遮音性については特に電車が通ったところで窓を開け閉めしたので、その性能に感心されていた。
 
 最後にRFSに決めた決め手はなんでしたかと聞かれ、標準のスペックかな等々いろいろとと答えましたが、ご納得いただけたかどうか・・・。
 初体験の見学受け入れは1時間あまり。どんな感想を持たれたかこちらも聞いてみたいなあ。
 見学が、RFS党が増えることになるとつながるとよいですね。
posted by jd at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

入居直後の所感

 入居直後に10月の3連休。子供は短いながらも「秋休み」。連休中は天気は良くないという条件で必然的に新居にずっといることになったが、早速RFSの家の性能を実感することとなった。

●室内の温度
7日・8日 
晴れだが結構湿気が多い感じで、家の中でずっと片づけをしていたこともあり、家の中はとても暑い。ファミリールームのエアコンが結構稼働。本格的な夏はちょっと、エアコンのフル稼働が避けられない?工夫しなければ・・・。高台なので窓を開けて風を通すと暑さも相当和らぐ。網戸は必要だなあ!!

9日・10日
一転して雨、結構肌寒い一日。家の中の暖かさと外の気温の差を早くも体感。早速室内では短パン・ノースリーブシャツの姿でうろうろ。冬はこの内外の気温差が広がるなら楽しみだね〜。

●遮音性
 家の近所には国道16号と、電車の線路も通っているのだが、外の音はほとんど気にならない。雨の音も全然わからない。引越早々、早速雨が降り出したのに気づかず洗濯物のことをお隣さんから忠告された。モデルハウスでもこの家の遮音性は体感していたが、実際さすがである。逆に部屋の中の音は結構響く。2Fファミリールームで子供が騒ぐとこれは家中に大反響。娘も部屋で音楽を聞くので、家中音が充満しかねない・・・。ただこどもが部屋のドアを閉めてこもってでてこないのも問題だしねえ。

●その他
 木の香りが家に充満しており、雰囲気は現時点では満足度高い。

 フローリングは結局なにもしなかったのだが、早くもキズが入りガックリ。もうあきらめモード。しかも良く滑ります。愛犬ロッタちゃんも走りにくそう・・・。

 この時点では、インターホンがついておらずこれが結構問題。
 宅配便の人は引っ越してないと思って荷物を持って帰っちゃうし、遊びに来た子供の友達はどうやって声をかけたらいいのかわからず玄関前でもじもじしていたそうだ。
 この現象はRFSと外構屋さんでどっちがインターホンをつけるのか、「うちじゃない」とお互いやりあっていたためにおこったようだ。結局RFSがつけるのが正しいということである。そりゃそうですよね。外構なんてすぐにやらない人だっているわけだし、インターホンについてはRFSに金はらってるんだし・・・。
 
 これってうちだけ特殊なのかなあ?僕がなにかやらなければいけなかったのかなあ??

 不思議だ・・・。
posted by jd at 23:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

引越当日!!

 引き渡しを受けた週末に引越ということで、10月7日に引越を敢行。jd夫は1日会社を休み。前日出張をしていたこともあり、全然梱包ができず、結局夜中までバタバタと箱詰めをしていた。
 後に続く3連休は関東では天気が良くなかったが、ここでも晴れ男の面目躍如。引越当日は朝から晴天で、引越日和である。朝8:30に日通さんが登場し、早速引越開始。

rfs1007-1.jpg

 ちなみに引越業者が日通になったのは、私が社宅に住んでいたことに起因しており、退去にあたっていろいろ条件があるのを知らなかったことによる。結局引越業者の見積もりは全く意味がなかった。どこにも書いてないんだもん、早く言ってよ〜って感じ。
 さらにいうと見積もりをとり、引越をお願いするつもりだった「サンキュー引越センター」はなかなか丁寧な仕事をしそうな業者さんでした。お願いしておきながら、キャンセルしてしまい、ごめんなさい。

 転勤で何度も引越はしているが、今回はいつもより多い人数で来られたこともあり、荷物出しは2時間半ほどで終わってしまった。午後1時に現地待ち合わせでいよいよ荷物搬入である。実はjd邸は階段の部分はかなりせまく、荷物の搬入はどんなになるかと思っていたが、これも意外に難儀することなく、タンスやベッドのマットレスはベランダから上げられる。てっきりクレーンかなにか使うのかと思いきや、人力でやっちゃうわけだ。なんか曲芸を見ているようだ。

rfs1007-2.jpg

 2時間ほどで搬入は終わり、日通さんは帰っていった。
あまりのあっけなさにボーゼンとしながらも、いよいよ新居での生活が始まる!!
ほっとする間もなく、この後段ボール箱との闘いは4日間続く・・・のであった。
posted by jd at 23:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

なんだかんだで引き渡し前日

 話しは進展して、10月2日には引き渡しを受けることになった。

 一応、施主検査で問題のあった箇所は28日までに改修されたことになっている。僕は見ていないので、引き渡し前に確認である。あまり検査では大きな問題はなかったので、直しもそんなに大事には至っていないのだろう。ちなみにHTHのキッチンがちょっと傷ついていたので、そこのチェックはjd妻が相当厳しくするはずである。

 ここに来て引越を前提にあわただしくなり、引き渡し前日となる今日は午前外構/午後引越見積もり/夜RFSと打ち合わせが立て続けである。

 引越の段ボールなんぞが搬入され、狭い家がますますせまくなった。
なんだか実感がなく、jd妻はほんとに引越が出来るのかなと毎日ため息をついている・・・。確かに梱包するヒマがない。引越前日・前々日はjd夫は出張。両方とも福岡に行くのに、日帰りして帰ったら荷造り・・・。

posted by jd at 23:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

1千数百諭吉の通過

 30日に家のローンの実施を迎えた。この日も私は普通に会社にいき、残業して帰ってきて、ネットで確認すると、私の口座に1千数百万のローンが振り込まれ、一瞬のうちに消えていた。
 これで一部未精算の部分はのこるものの、支払いは完了となる。何気に家は自分のものとなっている。

posted by jd at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

ローン契約

 さて、家のローンの契約であるが、当初「財形住宅融資」(3月申し込み時点で5年1.48%)を使うつもりで申し込みをしていた。5年後に利息が上がるリスクはあるが、幸いにも会社には公的融資を利用する場合は一定の利息の範囲であれば利子補給が受けられるという制度があったので、それを利用すれば、そんなにリスクもないかなと思っていたのだが、9月半ばにとある銀行の融資の情報があり、その利息が公庫のフラット35にほぼ匹敵する固定金利だったため、ちょっとグラグラ。RFSもその融資を結構おすすめ。RFSが9月中に決済をしたいという思惑から、公庫だと10月にしか決済ができず、なんとか銀行融資にという意図もいささか感じたところではあったが、以前ytakahashiさん推奨のグッドローンのフラット
35をかなりマジで検討したことのあるjd家としては長期固定はかなりの魅力。

 もともと私の会社は現在会社の統合の過程にあり、福利厚生の制度もいろいろ変更される可能性があるので、利子補給が継続されるかも不明であるし、財形も公庫がなくなるとどうなるかわからないし・・・。

 というわけでいろいろシュミレーションをしてみた結果、紹介された銀行の融資に決めることにした。9月中に融資実行だとぎりぎりだということでこの日午前中に銀行で手続き。前回の土地の時は、売り主と一緒にその場で決済といううやうやしい儀式があったが、今回は通帳などを預けておくと、銀行が指定日に振り込みをやってくれるということで、ちょっと拍子抜けではある。

 当初1.48%で想定していた支払いが、2%台になることで結構最初の負担が増えるが、長い目で見ないと。この判断が正しかったかどうかはずっと後にしかわからない。たぶん確かめる気も起こらない。ほんとにギャンブルだな、住宅ローンは・・・。
posted by jd at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

キッチンの石膏ボード〜その後 その3

 先日来、我が家のキッチンの仕様についていろいろとコメントをいただき、よくわからず悩んでいましたが、RFSからの説明を受け、それを検証する上で知人の建築業界関係の方々からも教えを請うた結果、自分なりの結論としては、現状で問題ないだろうと考えています。

根拠としては

@キッチンの防水石膏ボード使用についてはあくまでBetter論であり、Mustではない。
(これはいくつかのハウスメーカーの方にコメントを頂きました)
A我が家の場合、その上にタイル、タイルの目地、タイルの接着材にも防水性のあるものが使用されており、総じて言えば標準的なキッチンの仕様は満たされている。
Bjd家についてはオープンなキッチン、24時間換気などの環境も整っておりこの点でも
湿気がこもるという心配についてはあまり問題はない。

というようなところでしょうか。

 知識がある方ほど上記見解にはいろんなご意見もあるとは思いますが、私としては、ここ数日RFS関係者以外からもお話を伺い情報を得た結果、現況で了解するということです。RFSのキッチンの標準仕様についても、特に世間一般の仕様と比較して、劣るということはないと判断します。

 但し施工の過程で、同じ料金を取りながら、BETTERな防水ボードが使われている例とそうでない例があるという点には、個人的には不公平感は持ちます。そういう考え方でいいのか?全ての人に同じ満足を与えるべきではないのか?ということです。一応先日の面談でもそのことはRFSさんにはお伝えしたつもりです。
 この点を今後どうするかはRFSさんの問題ですので、是非よく考えて下さい。
これから建てられる施主の方はこのあたりどう変わっていくかよくみててくださいね。

 いずれにせよこのあたりで我が家のキッチンの石膏ボードの議論については手じまいにしたいと思います。

 先日来もろもろご相談にのっていただいたみなさま、本当にありがとうございました。
 
 今回の議論を通じて意を強くしたのは、RFSのオーナーのネットワークは、おそらくRFSにとってはの会社のメンテナンスセクション以上の財産であるということです。
 きちんと施主側(お客様)の立場にたって何とか問題を解決しようとして腐心され、応援してくださるRFSオーナーが、沢山いることはとても有り難かった。
 財産であるこのオーナー達を、是非RFSは大切にしてほしいと思いますね。

 ということで来週には施主検査実施。

 実はこの議論の間にも17日にはカーテンの設置などが進み、jd家は変貌を遂げているはずです。
posted by jd at 23:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

引越見積もり

 そろそろ引越業者も決めねばと、ネットでの見積もりサイトにアクセスし、ちょっと依頼してみたところ、えらいことになった。

 とりあえずメールでの返信ということでお願いしていたつもりが、翌朝から早速電話数軒。メールも自動返信のものも含め立て続けにいろんな業者から来て、中身を読んでいるヒマもない。家具の情報なども入れたが、その割りには結局実際に見てみないとわからないのでお電話を・・・、といった回答がほとんどで、見積もりサイトはそれほど役にはたたないというのが感想。結構メールとかもしつこいところもあって、いささかゲッソリ!!

 結局、知り合いから紹介を受けたところ数軒に見積もりを依頼して、比較するぐらいで十分みたい。特に我が家は現在の家と新居が近いので、身の回りのものは自分で運ぶので、家具だけ運んでという話しにしたら、5万円程度のようだ。普通にやるとこれの2倍強ぐらいかな。
 これは平日の時間指定をしないでという条件での話しですが・・・。

 こんなところも、節約、節約。小物は家族総出で頑張って運びましょ〜。
jd夫はだんだんローンの決済も近づいてきて、ケチモードに入ってきているのであった。
posted by jd at 02:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

もろもろ再確認

 大工工事が終わりに近づいたため、昨日の夜もろもろ気になっているところをメモにし、jd妻と現場監督さんで確認をしてもらった。こんな感じ・・・。

@1FのTV端子が付くところに穴が開いてないが・・・
 →穴が開けてないだけで、配線はしてある。

A2Fのファミリールームのサッシの塗装がやけにテカッているが、これはオスモの塗装に間 違いないのか?
 →間違いない。厚塗りになるのでこうなった・・・(そうなのか?)

B1F階段下トイレの実地検証。
 ここは上棟検査の際に便器をタンクレスに変えたところだ。
 先日階段下にも板が張られ、階段下のスペースができると、とても狭く感じて本当に大丈夫なのかという気になったため、一度現地で便器が付く前に、実際の寸法を測って再検証してもらった。結果からいうと特に問題はなかったらしい。
 実際には水回りも施工されてしまっているので、今更トイレの配置を変えると言い出したら大騒ぎになるらしい。まあちゃんと用が足せれば別にいいところではあるもの・・・。

 いろんなところで広さを追求した結果、トイレとか階段にはちょっとしわ寄せが行っているような気はするな。まあ1日じゅういるところではないからよしとしようということで納得。
 今日はもろもろ検証を入れたおかげで大工さんの仕事はちょっとスタックしてしまったかもしれない。8月中に大工仕事は終わらせないといけないのだそうです。

 すみません・・・。
 
posted by jd at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

花火大会

 27日は、横浜市金沢区の海の公園で金沢まつり花火大会がありました。
 海の公園は、我が家からは現在の家も新居も、ちょっと距離はあるものの徒歩圏であります。
 横浜に再び引っ越してきて4年半ですが、初めて会場にいって花火を見ました。
会場はすごい人出ではありますが、さすが近くで見るととても気持ちいい。芝生の上に寝っ転がって花火を見ると、プラネタリウムを見ているようです。

rfs0827-4.jpg

 会場ほどの迫力ではないでしょうが、新居からはこの花火が見えるそうです。
 これも我が家の新居の立地のメリットの一つですね。
posted by jd at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

週末は現地みられずですが・・・

 先の週末は、子供の合宿に引率役となり新潟の山奥に出かけていて、全然現場を見ていない。jd妻によると作業は2階は終わり、1階の天井の断熱材も綺麗に直っていたそうである。ちなみに画像がないのは僕がデジカメを新潟に持って行ってたから。
 気になるところはきちんとクリアになってきていますね。よしよし!!
(こんだけうるさければ、直さないわけには行かないでしょうが・・・)
 
夏休みはお出かけする時間もなさそうなので、施主支給品の調達ツアーにでもなりそうですね。
posted by jd at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

「土地取引等に関するアンケート調査」

 横浜市都市整備局から手紙が来て、てっきりまた税金の話しかとおもいきや「土地取引等に関するアンケート調査」なるものであった。
 解説によると、横浜市では適正な地価の形成、土地取引の活性化の促進など土地対策に取り組んでいて、土地取引の状況を調査し、地価動向を把握することが重要との考えで調査をしているとのこと。依頼という割りには2週間以内に回答せよとのことであるが・・・。
 土地の登記が終わったとたんに、こういうのだけではなく、引っ越し屋とかカーテン屋とかからやたらとDMが来るようになりいささか閉口気味。
 個人情報保護法というご時世に、土地購入というとても個人的な情報がいろいろ利用されているのもどうかと思うが・・・。
posted by jd at 23:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

覆いの向こう

台風対策のおかげでちょっとだけ見えましたのでUPします。
中の進展はよくわからず・・・。明日のjd妻チェックを期待しましょう。

rfs0723-5.jpg
posted by jd at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

県税事務所へ行く

 今日は午前中会社を休んで、横浜の県税事務所へ不動産取得税の申告に出かけた。土地の申告が22日までにしろと連絡が来ていたのに、すっかり忘れていてぎりぎりになった。郵送でもいいのだけれど、この際どんなところか見てみようという好奇心で出かけたのである。
 横浜の弘明寺にある南県税事務所は、外も中もいかにも固い昔風のお役所だが、窓口の方は皆とても親切である(朝9時にいったこともあって周りにだれもいなかったからかもしれないが)。

 申告書は事前に書いていったが、現在住宅を建てているので取得税の猶予申請をしたいというと、いつ完成かと聞かれ、9月と答えたら、「不動産取得税減額申請書」なるものを渡され、完成後に出してくれればほとんど税金減額されますとのこと。こういう発言にはすっかり気分を良くして、10分で手続き完了。何のことはない。
 しかし借家生活がおわるとこういう手続き系が増えるんだろうなと実感。
posted by jd at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

洗面台の鏡

工事がぼちぼち進行するなか、我が家は施主支給品となるアイテムがいくつかあり、そろそろ決めなければならない。タオルリング、ペーパーホルダー、立水栓などなど。余裕をかましていたら、9月末完成だとするともう2ヶ月ぐらいしかないのだ。

 今日は一番時間のかかりそうな洗面台の鏡をオーダーしに、朝から東京・お台場まで出かけた。「K.Factory お台場デックス東京ビーチ店」というカントリー家具のお店。
以前からこのお店はjd妻のお気に入りであるが、前回店で物色し、妻好みのパインの木枠で「上部に小物をおける飾り台のある鏡」というのを発見し、これがまたオーダーすれば自由に大きさを変えられるということで、ずっとその気にはなっていたもの。
今日は工房が休みで正式の見積もりは後日ということだが、まあこの手の鏡はオーダーするとそれなりのお値段のようなので、そんなに高くもないようだ。
 課題を一個クリアしたので、今日は午後からはぐったりして昼寝。なかなか課題解消は一挙には進まない・・・。
posted by jd at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

問題発生・・・

昨日掲載したドアの鍵の画像について。
なんか変だと話していたら、案の定2個目の鍵の位置が全然違った。
ほんとの位置はノブの下。鍵がかなり上なので、まだ背の低い下の子供が開け閉めできない。
どうするか?こっちのせいじゃない。
当然交換である。

高級断熱ドアが一つゴミと化す?
こういうロスをなくせば、RFSはもっと儲かるはずじゃないのですかね?
それとも痛くもかゆくもないのか?ちょっと不思議な業界。
自分で会社ではやりの「シックスシグマ」とか教えてあげたいね。

図面にももう一度まじまじと図面を見たがちゃんと鍵の位置はノブの下に書いてある。
今回は見えるところだからいいが、壁の中とかだともうわからない。
「できた、できた!!」とはしゃいでいる場合ではなくなってきた。

今日は屋根や電気工事に進捗があったようだが、こちらは相当気分がブルー。
毎日みれないのに先が思いやられる。
posted by jd at 23:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

梅雨の合間

 ここに来て、関東はとても梅雨らしくなっていまい、困った困った。

 晴れ男も仕事疲れで神通力がなく、連日雨に見舞われているが、今日は午前は晴れていたため、屋根の工事が行われた模様。
 jd妻の現地視察も、運悪くデジカメの電池も切れて、画像はなしだとか。
 完成したのか?してないのか?よくわかりません・・・。
 夫婦ともども、バタバタの毎日で、上棟立ち会いの準備も全くできなーい。
posted by jd at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。