2006年01月07日

3ヶ月点検

 今日はちょうど引越3ヶ月目であるが、RFSの3ヶ月点検があった。点検をするのは現場監督をしていただいたA氏であるが、何かありそうだということで我が家を担当した大工さんも登場。
 まずは、トイレやテラスドアのロックの不具合を直していただく。これはものの20分ぐらいの話し。その後、RFSオーナー宅でいろいろ話題となっている床下の点検まで入った。

rfs0107-1.jpg

 まだ私は入ったことがないのでどんな風にやるのかと思いましたが、結構ほふく前進しんどそう。床下は断熱材のずれはいくつかあったようですね。よくよく見ると断熱材を押さえる金具は結構ちゃちなので、ずれるのもやむを得ないような気がしますが・・・。これは課題としては会社でも認識されているそうです。抜本的対策必要か?

 その他指摘すべきところはあまりないのだが、コーナーのクロスの隙間はかなり気になる状態になっているところがあります。A氏はいくつか写真を撮って帰られた。

rfs0107-2.jpg

 どちらかというと日当たりのよい南向きの部屋に同じ症状がでており、どの部屋もこんな感じ。木の家に住んだ以上、いちいちめくじらたててもしかたがないが、これをいつ直すべきか思案のしどころ・・・。

 あとは網戸の設置が予定されている窓の採寸などを行い、全ての点検が終わったあと点検表にハンコを押して約2時間で終了。点検表がありきで、点検項目に従ってやっていくのかと思っていたが、もちろんそれは見ているものの、どちらかというとオーナー側が不具合なところを言っていく形になっているようですね。
 次は6ヶ月点検であります。

 点検の後A氏とは小雑談をしましたが、現在担当の新築物件が4件と結構忙しいとのこと。それはなにより。

 ただアフターの方も宜しくお願いしますね。
posted by jd at 21:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
RFSが点検時に床下も意識してくれたのは今回の皆さんのブログの成果ですかね。
そしてRFSとして金具の件も課題との認識があれば
良い方向への進歩ですね。
必ず改善される事でしょう!!!
このように少しずつでもRFSがさらに良くなってくれる事を願っています。

壁紙は我が家も同様の状態ですが壁紙の保証が
1年との現場監督I氏の説明だったで1年点検時に総チェックを行って貰う事にしました。
まだまだ乾燥をして躯体は安定していないでしょうから!
この件については入居前のJIJIさん邸訪問時に
JIJIさんから説明を受けていたので全く気にしていない我が家です。

Posted by ytakahashi at 2006年01月08日 11:08
白系壁紙のコーナーは、専用?のパテ状補修材が
あるので、それで補修してもらえば大分気にならなくなると思います。
別途貴邸の担当はボルボに乗ったA氏でしたか?
Posted by JIJI at 2006年01月08日 13:51
床下の件は明らかにブログの影響のようです。きっと3ヶ月での点検項目になっていくのでしょうね。

きのうホームセンターに行ったら壁紙のパテ補修材はその他にも色があるようです。まああわてなくてもいろいろ対応がありそうです。素人にもうまくできるかというところですが・・・。

JIJIさん、ちなみに我が家の担当はボルボに乗ったA氏です。
Posted by jd at 2006年01月08日 22:02
>きっと3ヶ月での点検項目になっていくのでしょうね。

その前に引き渡し前にきちんと点検・補修をしてから引き渡して欲しいですね!!!!!!!!
Posted by ytakahashi at 2006年01月09日 09:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。