2005年10月23日

見学者が来た!!

 入居早々、やっと段ボールがなくなったな〜と思っていたら、我が家担当のRFSさんが自分のお客様を連れてくるので新居を見せてくれという。
 まあ世話になってきたし、お役にたてるならねということで協力。日曜の昼の2時にくるということでお出かけもできない・・・。
 
 営業氏曰く、お客さまご夫婦のご希望を聞いていると、我が家の間取りによく似ているとのことであった。今まさにメーカー検討の最中とのこと。どんな方が来られるのかなと思いきや、お見えになった一家はとても若そうなご夫婦でお子さんも幼稚園生みたいだ。自分がこのぐらいの年齢の時には家を建てるなんてまだとても現実的じゃなかったけどな〜、大したものだと感心。
 実際、中に入ってこられると家の主要な仕様は営業氏が解説するので、われわれはお子さんのお相手。ご質問は「これは標準なのか?」というものが多く、以前の自分を見るようだ。
我が家はほとんど標準なので、そういう意味では参考になるかもね。
 エアコンとか、遮音性のこととか聞かれて、入居後の所感のごときを答えたところ、遮音性については特に電車が通ったところで窓を開け閉めしたので、その性能に感心されていた。
 
 最後にRFSに決めた決め手はなんでしたかと聞かれ、標準のスペックかな等々いろいろとと答えましたが、ご納得いただけたかどうか・・・。
 初体験の見学受け入れは1時間あまり。どんな感想を持たれたかこちらも聞いてみたいなあ。
 見学が、RFS党が増えることになるとつながるとよいですね。
posted by jd at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

外構のその後 1014

 ちなみにお騒がせしたインターホンは13日に付いた。未だに僕はこれをさわったことがない。家の中でどういう風に映るのかなあ。

rfs1014-1.jpg

 ウッドデッキの方はトントン拍子で作業がすすみ、14日の朝にはこんな感じでほぼできあがっていて、あとはちょっとした階段がつくだけ。

rfs1014-2.jpg

続いてフェンスの作業が始まっていく。

 全体の外観はちょっと変わってこんな感じ。

rfs1014-3.jpg

 ウッドデッキについているフェンスはダイニングからはちょっとした目隠しになる。実は家の前はご近所の方々の通勤ルートになっていて、まだ新しい家が珍しいのか、みなさん前を通るたびに家を見上げて行かれるので、朝、出勤前にダイニングでパンをほおばるjd夫は、外を歩く方と窓から視線があってしまうことたびたびだったので・・・。
posted by jd at 23:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 外構工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

外構進展

新居に入居してからは雨の日が多く、なかなか外構の工事はすすまないのだが、
合間の晴れ間に業者さんが遅くまで熱心にやってくれている。

いよいよウッドデッキはそのものの組み立てに入った。これが意外と進展がはやい。駐車場に屋根もどきがかかるような感じになる。

1011-1.jpg

よう壁の上にはフェンスを設置するためにブロックが1段組まれた。とにかく土地が高いので危ないし、フェンスを早く設置してしまいたいところだ。愛犬ロッタも引っ越して以来ずっと座敷犬になっていて、欲求不満がたまりまくっている・・・。

1011-2.jpg

posted by jd at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 外構工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

ポスト

 外溝は雨をぬって工事が進展しているが、まず最初についたのはポスト。
 RFSオーナー宅ではおなじみのボンボビである。色は窓枠にあわせて赤。

post.jpg

 さびないステンレスがいいかなとも思ったけれども、やっぱり色がないと味気ないですもんね。

 鍵が結構めんどくさいときいていたが、今のところ我が家ではそんなに違和感ないですね。
あんまりめんどくさくなったら、別売りのレバーに取り替えちゃおうと思ってますが・・・。
posted by jd at 23:48| Comment(5) | TrackBack(0) | 外構工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

入居直後の所感

 入居直後に10月の3連休。子供は短いながらも「秋休み」。連休中は天気は良くないという条件で必然的に新居にずっといることになったが、早速RFSの家の性能を実感することとなった。

●室内の温度
7日・8日 
晴れだが結構湿気が多い感じで、家の中でずっと片づけをしていたこともあり、家の中はとても暑い。ファミリールームのエアコンが結構稼働。本格的な夏はちょっと、エアコンのフル稼働が避けられない?工夫しなければ・・・。高台なので窓を開けて風を通すと暑さも相当和らぐ。網戸は必要だなあ!!

9日・10日
一転して雨、結構肌寒い一日。家の中の暖かさと外の気温の差を早くも体感。早速室内では短パン・ノースリーブシャツの姿でうろうろ。冬はこの内外の気温差が広がるなら楽しみだね〜。

●遮音性
 家の近所には国道16号と、電車の線路も通っているのだが、外の音はほとんど気にならない。雨の音も全然わからない。引越早々、早速雨が降り出したのに気づかず洗濯物のことをお隣さんから忠告された。モデルハウスでもこの家の遮音性は体感していたが、実際さすがである。逆に部屋の中の音は結構響く。2Fファミリールームで子供が騒ぐとこれは家中に大反響。娘も部屋で音楽を聞くので、家中音が充満しかねない・・・。ただこどもが部屋のドアを閉めてこもってでてこないのも問題だしねえ。

●その他
 木の香りが家に充満しており、雰囲気は現時点では満足度高い。

 フローリングは結局なにもしなかったのだが、早くもキズが入りガックリ。もうあきらめモード。しかも良く滑ります。愛犬ロッタちゃんも走りにくそう・・・。

 この時点では、インターホンがついておらずこれが結構問題。
 宅配便の人は引っ越してないと思って荷物を持って帰っちゃうし、遊びに来た子供の友達はどうやって声をかけたらいいのかわからず玄関前でもじもじしていたそうだ。
 この現象はRFSと外構屋さんでどっちがインターホンをつけるのか、「うちじゃない」とお互いやりあっていたためにおこったようだ。結局RFSがつけるのが正しいということである。そりゃそうですよね。外構なんてすぐにやらない人だっているわけだし、インターホンについてはRFSに金はらってるんだし・・・。
 
 これってうちだけ特殊なのかなあ?僕がなにかやらなければいけなかったのかなあ??

 不思議だ・・・。
posted by jd at 23:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

引越当日!!

 引き渡しを受けた週末に引越ということで、10月7日に引越を敢行。jd夫は1日会社を休み。前日出張をしていたこともあり、全然梱包ができず、結局夜中までバタバタと箱詰めをしていた。
 後に続く3連休は関東では天気が良くなかったが、ここでも晴れ男の面目躍如。引越当日は朝から晴天で、引越日和である。朝8:30に日通さんが登場し、早速引越開始。

rfs1007-1.jpg

 ちなみに引越業者が日通になったのは、私が社宅に住んでいたことに起因しており、退去にあたっていろいろ条件があるのを知らなかったことによる。結局引越業者の見積もりは全く意味がなかった。どこにも書いてないんだもん、早く言ってよ〜って感じ。
 さらにいうと見積もりをとり、引越をお願いするつもりだった「サンキュー引越センター」はなかなか丁寧な仕事をしそうな業者さんでした。お願いしておきながら、キャンセルしてしまい、ごめんなさい。

 転勤で何度も引越はしているが、今回はいつもより多い人数で来られたこともあり、荷物出しは2時間半ほどで終わってしまった。午後1時に現地待ち合わせでいよいよ荷物搬入である。実はjd邸は階段の部分はかなりせまく、荷物の搬入はどんなになるかと思っていたが、これも意外に難儀することなく、タンスやベッドのマットレスはベランダから上げられる。てっきりクレーンかなにか使うのかと思いきや、人力でやっちゃうわけだ。なんか曲芸を見ているようだ。

rfs1007-2.jpg

 2時間ほどで搬入は終わり、日通さんは帰っていった。
あまりのあっけなさにボーゼンとしながらも、いよいよ新居での生活が始まる!!
ほっとする間もなく、この後段ボール箱との闘いは4日間続く・・・のであった。
posted by jd at 23:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

ウッドデッキの工事

 いよいよ外構の工事が始まる。
 とりあえず柵をするのがメインではあるものの、駐車場の上のスペースがもったいないのでウッドデッキを作ることにした。これがホントに高い。しかしここはDIYが通じそうにないので仕方がない。

 デッキ用の梁が渡されたところの図(夜にこんな写真を撮っていてはちょっと怪しい)

rfs1005.jpg

 フェンス用のブロックなども搬入され、バタバタっと工事が進みそうだ。庭は大きな石などは撤去され少し綺麗になっていた。
posted by jd at 22:40| Comment(7) | TrackBack(0) | 外構工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

ついに・・・引き渡し

 10月2日 朝 9:30より現地で引き渡し。営業さんと現場監督さんが立ち会い。
 
 施主検査時の手直しも、ほとんど完了していた。キッチンのHTHの引き出しの面材のキズは取り替えとなったそうだ。
 テラスドアの鍵の回しが若干渋いのが気になったが、使っているうちに直らなければ、シリンダー取り替えをするとのこと。鍵のことを記録を残してもらい、引き渡しへ。

 引き渡しの書類は前日に一通り記入していて、当日はハンコを押すだけ。
 保証書や書類、そして最後に鍵を引き渡され、jdはRFSのオーナーとなった。
 昨年9月の土地の購入からはちょうど1年と10日あまり、紆余曲折もあり長かったような、短かったような・・・。

 くしくもこの日、実はjd夫の誕生日であった。
 自分で買ったのだからプレゼントというわけではないし、むしろずしりと重いローンを抱えることとなり今までにない誕生日を迎えたが、まあいい記念にはなったかな・・・。
posted by jd at 23:58| Comment(8) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

なんだかんだで引き渡し前日

 話しは進展して、10月2日には引き渡しを受けることになった。

 一応、施主検査で問題のあった箇所は28日までに改修されたことになっている。僕は見ていないので、引き渡し前に確認である。あまり検査では大きな問題はなかったので、直しもそんなに大事には至っていないのだろう。ちなみにHTHのキッチンがちょっと傷ついていたので、そこのチェックはjd妻が相当厳しくするはずである。

 ここに来て引越を前提にあわただしくなり、引き渡し前日となる今日は午前外構/午後引越見積もり/夜RFSと打ち合わせが立て続けである。

 引越の段ボールなんぞが搬入され、狭い家がますますせまくなった。
なんだか実感がなく、jd妻はほんとに引越が出来るのかなと毎日ため息をついている・・・。確かに梱包するヒマがない。引越前日・前々日はjd夫は出張。両方とも福岡に行くのに、日帰りして帰ったら荷造り・・・。

posted by jd at 23:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外構工事の打ち合わせ

 初めて外構工事の打ち合わせをした。
結局外構の担当をするのは、よう壁工事をお願いした業者さん。よう壁ではいい仕事をしていただいたが、引き続き外構についてもかなり頑張ってやっていただけることになった。どっちみち、入り口の階段のところの工事の仕上げが残っており業者さんとしてはついでの仕事になるし、こちらは安くできるしで好都合ではある。

 一番の懸案は駐車場のところの上におくウッドデッキでこれはもう素人工事ではできないので外構工事でお願いする。あとは以前からのこる古いフェンスの更新と、よう壁上部にフェンスをまわすこと。それにポストや、インターフォンの設置などだ。業者さんとしては大した仕事でもなさそうだが、結局これだけでもローンを抱えるサラリーマンには目の飛び出る数の「諭吉」がでていってしまい、植栽の方には一切手がつかない。
庭には岩がごろごろしている状態でこれを綺麗にするだけで、今年の年末までの休みは終わってしまいそうだ。庭が結構とれたという環境はうれしい半面、悩みも多い。

rfs0930.jpg

何しろ雑草も生えないような土地だからな〜。来年はjd夫が芝の種まきおじさんでもやらねば・・・。
posted by jd at 23:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 外構工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。