2005年07月30日

2階の進捗等々

今日も横浜は暑い。特に風がなくて蒸し暑い。現場は蒸し風呂状態。木製サッシは全開である。
rfs0730-6.jpg

内部に入って早速ユニットバスとご対面。一部しか写真で見ていなかったが、全体はこんな感じなのね。まさに家の中に箱が一つ置かれているようなもの。僕は、このユニットが箱ごと持ち込まれるのかと思ってました。設置直後のせいかなんとなくカビくさい。ここも勝手に窓全開にして空気入れ替え。
rfs0730-4.jpg

2階の方は工事が進展して、天井や壁を貼る作業に入っている。ちょっといただけなのに見る見るうちに壁ができあがる様は圧巻。今日は大工さんは1人。ラジオをかけながら黙々と作業をしている。

ファミリールームから階段を見たところ。階段の窓は、jd妻の案を取り入れて位置を少し下げた。ファミリールームは天井が貼られて勾配天井の感じがはっきりしてきた。ここは先輩のhigom邸とも非常によく似ている。
rfs0730-1.jpg

主寝室のウォークインクローゼットを見たところ。左側のスペースとして、実は「仏壇スペース」を用意している。一族の長男坊はこういうことも考えないといけないわけですな。当分は仏壇は実家にあるので、いつ置かれることになるのかはわかりませんが・・・。しばらくは本棚でも置いておくことになるのかな。
rfs0730-2.jpg

北側は娘のへや、北側になる代わりに勾配天井を取り入れている。北側斜線の勾配の要件もあり、とても複雑な天井になっている。子供の間ではちょっとした争いにはなったが、長男が南向きのへや、長女が北側勾配天井の部屋に落ち着いた。嫁にいったら僕の趣味部屋かな?
rfs0730-3.jpg

我が家のキッチンの吸気/排気ダクトは、1階と2階の間のモールのところに出ている。外観上のことを考え、普通はあまりやらないそうだが、こうしないと、キッチンのところが少し下がり天井になりますよということだったので、どうせ隣家があって見えないところだしいいかということでこういうことになった。見た感じはそれほど違和感もないし、これで天井が下がらないならOKかな。
rfs0730-5.jpg

 ちなみに玄関ドアはもう変わっていた。懸案1つはクリア。
 1Fの天井の断熱材は工程上は来週の対応なのだそうだ。現場監督さんからは、早くやってもらえないかということを大工さんに伝えているようで、大工さんもえらく気にして僕に声をかけてきた。こちらとしては普通の工程の中で、最終的になおしてもらえばいいですよと答えておいた。特に工程を変更してもらうほどのことはない。いつやるのかわからないから心配なだけで、こういう情報さえいただけば別になんのことはないんだけども・・・。

 大工さんは盆休みもずらして作業をしていただけるとの話である。ご苦労さまです。宜しくお願い致します。
posted by jd at 12:22| Comment(8) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

台風一過

 いやー、ここ2日は関東はとても暑い。
工事の人はたいへんだろうな〜と思っていたら、今日は大工さんはお休みで外壁の工事だけだったそうな。

 きーたさんに以前に言われたユニットバスの組上がり状況チェックのため、jd妻を現場に派遣したところ特に問題なしとのこと。でも写真でみるとよく考えるとタオルバーの位置とかちょっと気になる。図面の通りだからしかたないんだけど・・・。こういうのは実際に形にならないと気がつかないですね。

rfs0728-1.jpg

rfs0728-2.jpg

 再三でてきている1F天井の断熱材のゆがみはまだ直っていなかったようだ。大工さんがいないのでしょうがないか・・・。なおったかどうかわからないまま天井に板張られちゃうとこまるなあ。

外壁の方は、窓のモールディングなども施され、かっこよくなってきたじゃないですか!
今度の土日が晴れると、午前中のは日が当たってサイディングがどう見えるかがたのしみですね。それまで足場の覆いが台風対策状態のままだといいんだけど・・・。

rfs0728.jpg

rfs0728-5.jpg

rfs0728-6.jpg




posted by jd at 22:59| Comment(3) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

台風前日

 RFSとは関係ないが、私は台風がくると商売あがったりの会社に勤めているので、こういう時はひどく憂鬱である。
 現場の方は、台風を前にして今日は南面のサイディングが完了。残りは玄関側の1面のみ。またユニットバスの搬入もあったようだ。

 jd妻は最近めんどくさいのかあまり写真を撮らない。仕事でみることのできないjd夫はちょっとつまらない。ユニットバスってどういう風に入るのか注目だったんだけど・・・。
 
 ちなみに1階天井の断熱材はまだ直ってなかったとのことで、jd妻が現場監督さんに再度お願いしておいたとのこと。これもチェックリストにいれておかねば・・・。
 
posted by jd at 22:54| Comment(9) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

覆いの向こう

台風対策のおかげでちょっとだけ見えましたのでUPします。
中の進展はよくわからず・・・。明日のjd妻チェックを期待しましょう。

rfs0723-5.jpg
posted by jd at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

断熱材等

 久しぶりに現場に行ってみると、今日は大工さんはお休みの日のようだが、現場監督さんが現地に。会うと早速ドアのことでお詫びが・・・。
 ブログを見てかなり最近心労が重なってしまったとのこと。ブログの内容が個人的な攻撃にとられたとしたら大変申し訳ない。RFSの会社としての対応のことを言っていたつもりなんですけどね。文字で伝わるとやはり怖い。
 工事全体から言えば十分取り返しのつく話しであって、別に大きな問題があるわけではなく、今は激高していることもない。

 それはともかく、現場のはなし。1週間見ないうちに、北側の目立たないところからサイディングが張られていて、いよいよ外観は目に見えてきた。サイディングはずらりとならぶとちょっと黄色がかっているので印象が違って見えるが、今日は曇り。これは太陽の光ももとで見るとまた印象が違うのだろう。この光により見え方が違うという感覚は、実はたまプラRFSの実例で、ノルディックレッドのサイディングを見たときに実感すみ。晴れの時にどんな風にみえるのかなあ。

rfs0723-1.jpg

 中の方は、1Fの天井や壁の中に断熱材を入れる段階に入っていて、キッチンあたりは資材置き場と化している。1Fの壁はほとんど板が張られていて中は見ることができない。窓のっところの加工は一部が綺麗に終わっている。

rfs0723-3.jpg

 天井の断熱材の入れ方はところどころばらつきがあって気になったので、監督さんに修正をお願いしておいた。こういうもんなのでしょうかねえ。

rfs0723-2.jpg

 もうすぐ台風が来そうだということで、監督さんは、足場の覆いを風でなびかないように束ねにきたのだそうだ、確かに台風心配ですね。

rfs0723-4.jpg

おまけに23日は関東は大きな地震でビックリ。心配になって、夕方に再度現地にいってみたが、よう壁もRFSの建物も無事でよかった。


posted by jd at 22:59| Comment(6) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

県税事務所へ行く

 今日は午前中会社を休んで、横浜の県税事務所へ不動産取得税の申告に出かけた。土地の申告が22日までにしろと連絡が来ていたのに、すっかり忘れていてぎりぎりになった。郵送でもいいのだけれど、この際どんなところか見てみようという好奇心で出かけたのである。
 横浜の弘明寺にある南県税事務所は、外も中もいかにも固い昔風のお役所だが、窓口の方は皆とても親切である(朝9時にいったこともあって周りにだれもいなかったからかもしれないが)。

 申告書は事前に書いていったが、現在住宅を建てているので取得税の猶予申請をしたいというと、いつ完成かと聞かれ、9月と答えたら、「不動産取得税減額申請書」なるものを渡され、完成後に出してくれればほとんど税金減額されますとのこと。こういう発言にはすっかり気分を良くして、10分で手続き完了。何のことはない。
 しかし借家生活がおわるとこういう手続き系が増えるんだろうなと実感。
posted by jd at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

洗面台の鏡

工事がぼちぼち進行するなか、我が家は施主支給品となるアイテムがいくつかあり、そろそろ決めなければならない。タオルリング、ペーパーホルダー、立水栓などなど。余裕をかましていたら、9月末完成だとするともう2ヶ月ぐらいしかないのだ。

 今日は一番時間のかかりそうな洗面台の鏡をオーダーしに、朝から東京・お台場まで出かけた。「K.Factory お台場デックス東京ビーチ店」というカントリー家具のお店。
以前からこのお店はjd妻のお気に入りであるが、前回店で物色し、妻好みのパインの木枠で「上部に小物をおける飾り台のある鏡」というのを発見し、これがまたオーダーすれば自由に大きさを変えられるということで、ずっとその気にはなっていたもの。
今日は工房が休みで正式の見積もりは後日ということだが、まあこの手の鏡はオーダーするとそれなりのお値段のようなので、そんなに高くもないようだ。
 課題を一個クリアしたので、今日は午後からはぐったりして昼寝。なかなか課題解消は一挙には進まない・・・。
posted by jd at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

屋根の画像 その他

工事は今日はお休み。私は1週間ぶりに現地に行ってみた。
屋根瓦の設置が済んでいるということだったので、どんな感じかを見に行ったわけだ。

rfs0716-1.jpg
我が家はどう見ても屋根の色の存在感があまりないのだが、晴れの天気の下では、モニエル瓦の「コーラルオレンジ」がいい感じである。

北側からみるとこんな感じ。
北側は斜線規制の関係で少し屋根が下がっているのでちょっと瓦に主張がありますね。

rfs0716-2.jpg


ドアの件続報。

 この件はすでにドアの取り替えの方向で話しは進んでおり、今後higomさん提案の「懸案リスト」でその後の対応をチェックしますが、こちらとしては問題は解消(のはず)であります。
 当然の対応だとも思っていますが、どうもRFSの方は、私が今後の工事に不安がっていると思って安心させようとしているようだが、はっきりいって、問題が解決しても「不安」より、最後のつまらん対応に「不満」が増大、「間違っているぞ!」と怒っているということですよ。RFS応援団としては「いかん!!」と思っているということです。

 「RFS」をそこで働く人の誠実さから選んでいる人はいるはずなので、がっかりさせないでくださいね。
posted by jd at 23:24| Comment(4) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

その後の進展

 久々にjd妻が現地に行くと既に屋根はできあがっており、工事は室内の電気、空調関係に移っていて大工さんは不在。
 24時間換気のユニットも設置された。
rfs0715-1.jpg

rfs0715-2.jpg
 RFSの中間検査もクリアしたようである。
 
問題の玄関ドアについては本日ドアメーカー代理店の営業のかたとRFSの現場監督さん
それにjd妻とで現地で話しをしたところ、2個目の鍵穴の位置はドアメーカーの言い分はスウェーデンでの発注においてスウェーデンの標準のものがオーダーされていて、こちらの意向が反映されていなかったとのこと。RFSとしては1個標準の鍵がついているものを持ってきて、日本で2個目の穴を開けることを考えていたらしくどっちが悪いのかよくわからないが、とにかくこっちの意向とは違う。しかもそれが取り付けるまでわからなかったというのが、理解できないところだ。
 最後には誰が言い出したのか知らないが無料で鍵はつけるので、ドアに鍵3個つけることを了承してもらえないかとの「提案」もあったようで、妻からは僕の携帯にまで連絡があったが、そんなことはできない。玄関に鍵3つなんて僕の感覚ではちょっと異常。ということで初志貫徹でドアは取り替え。

「気持ちが変わったら連絡してください」と妻は言われたらしい。

???????どういうこと???????

 最後の「提案」にもいさぎよさを感じず、かなり憤慨しているjd夫でなのであった。
posted by jd at 23:08| Comment(4) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

問題発生・・・

昨日掲載したドアの鍵の画像について。
なんか変だと話していたら、案の定2個目の鍵の位置が全然違った。
ほんとの位置はノブの下。鍵がかなり上なので、まだ背の低い下の子供が開け閉めできない。
どうするか?こっちのせいじゃない。
当然交換である。

高級断熱ドアが一つゴミと化す?
こういうロスをなくせば、RFSはもっと儲かるはずじゃないのですかね?
それとも痛くもかゆくもないのか?ちょっと不思議な業界。
自分で会社ではやりの「シックスシグマ」とか教えてあげたいね。

図面にももう一度まじまじと図面を見たがちゃんと鍵の位置はノブの下に書いてある。
今回は見えるところだからいいが、壁の中とかだともうわからない。
「できた、できた!!」とはしゃいでいる場合ではなくなってきた。

今日は屋根や電気工事に進捗があったようだが、こちらは相当気分がブルー。
毎日みれないのに先が思いやられる。
posted by jd at 23:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

最新画像集

昨日の夜は大雨だったが、その前に玄関ドアがついていて良かった。
その玄関ドアの画像

rfs0710-1.jpg
ドアはダブルロックに変更しているが、まだ1個しかついていない。取っ手は仮のものである。
rfs0710-4.jpg
まだドアはついただけで、上部には隙間。
rfs0710-5.jpg

今日は日曜で工事は休み。だれもいないので、夕方に勝手に中に入って足場に昇ってみたりした。
下屋の瓦の画像。結構瓦は、最新の色の採用と迷ったのだが、結果的にはサイディングを白にするので、瓦ははっきりした色の方がよいと判断したが、今の壁の状態が白なのでそれとマッチしており、良い感じだ。
rfs0710-2.jpg

足場も一番上まであがるとかなり高い。部屋の中をのぞいたりしていたので、もし通りがかりの人がいたら相当怪しい雰囲気だっただろう。この壁面にサイディングが施されるまであと2週間程度ということだ。そこまでいくと外観は相当はっきりしてくるかな・・・。
rfs0710-3.jpg
posted by jd at 21:41| Comment(2) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

上棟立ち会い その他

 9日午前は上棟立ち会い。
私は屋根の板が張られてから現地に行くのは初めてだ。今日は、立ち会いのためか、ほとんどの木製サッシが開けられていて、工事の覆いの向こうではあるが、家にちょっとした表情が出てきた感じでうれしい。

rfs0709-2.jpg

rfs0709-4.jpg

玄関上の下屋にも瓦葺きが完了していた。屋根ももう少しで完成かな。

rfs0709-3.jpg

 朝9時には、営業さん/設計さん/ICさん/現場監督さんが勢揃い。内部に電球が灯され2階にも梯子がかけられており、内部が全て見られるようになっている。2階に上がるのは初めてだ。屋根裏はまだ露出しており、「通気くん」なる芸のない名前のアイテムがついている。ただの段ボールのようだが、特許の品。こういう発明ができれば大もうけなんだろうなあと感心。
rfs0709-1.jpg

しかし建設資材はこれに限らず、芸のない名前がついているものが多いですなあ。
どうでもいいことですが。2階は屋根の板がついて、勾配天井のイメージがわかりやすくなっていた。こうしてみると娘の部屋になる予定のところは勾配天井がいい感じだ。

 とこんな感じで1週間の家の変化に個人的にはしみじみしながら、9時過ぎから上棟立ち会いの確認がスタート。

 まずは水回りとガスの関係の確認。いきなりガスメーターの位置の認識に齟齬があり、修正。まさかよう壁の階段入り口のところにガスメーターをつける気だったとはねえ???工事開始前の段階ではそういう案もでていたが、そんなかっこ悪いことはやらないと相当前に一蹴したはずなのだが・・・。まあ、今の時点では十分修正は可能なのだが、ちょっと不安になってきた。
 以前家相の話しで話題になった1F階段下のトイレは、図面で見るよりも余裕がないことが実感でき、急遽便器をタンクレスに変えることにした。費用はかかるが一生ものだから仕方がない。階段下のスペースは天井の勾配の問題もあってなかなか融通が利かない。
 風呂は一応だめもとで今ブログで話題のINAX「プレシオ」に変えることはどうか?と打診していたが、RFSからは既に相当前に発注済みで変更がきかないとの返事。関西のポチさんのところは何でOKだったのかなあ?今日のRFSの説明では、RFSの標準仕様は今後「プレシオ」ではなく、「ルキア」にするとのこと。「プレシオ」についてはRFSとしてはいろいろ意見を持っているようで、我が家関係のスタッフからは採用にはあまり積極的なコメントがなかったが、ブログでの情報では今後は「プレシオ」を標準とするような話しもあり、どっちが本当なんだろう?今日、昼からはINAXのショールームに行ってみたが、「プレシオ」と「ルキア」ではそもそも値段が全然違うのね?まして我が家は「e-bath」・・・。
 どうも発注のタイミングが年度をまたぐといろいろ設備の標準が変わるようだが、私は費用を多少かけてもいいものを入れられるようなことがあれば入れておきたいなという気持ちはあったので「そういうことは情報ほしかったよな〜」と今更ながらいささか釈然としないものは感じるが、こちらも4月以降は家のことばかりに集中できない状況で、そこまで思い至らなかったのも事実だし、風呂にはそんなにこだわっていたわけではないので、あきらめるしかないか。これから建てられる方は図面の確定後も設備の仕様の情報収集は怠りなく・・・。

 次は空調関係。ここは特に問題なし。以前のRFSメーリングリストのhigomさん、JIJIさんの「上棟立ち会いの注意点コメント」を印刷してもっていったのがセルフチェックにとても役立った。
 
 最後は電気関係。これは数が多くてとても根気がいる作業。基本は標準ではやるものの、我が家は壁があまりないので、ところどころスイッチの配置が難しい。「電気屋さん」は使いやすさの観点からいろいろアドバイスをくれたのでとても助かった。ICさんとの確認の末、今日の立ち会いでも何カ所か照明の取り付け位置をずらしたりした。それにしても実際の建物の中で見ると照明の取り付け位置なども数センチ単位でずらすだけでずいぶん印象が違う感じだ。

 あとはLANケーブルのことや、ケーブルTV、セキュリティーのことなど若干宿題を残し、上棟立ち会いは終了。終わったのは12時過ぎで、結局3時間強。残りの休みで、宿題をやらなくては・・・。

 しかし今日の打ち合わせの途中でも些細なことではあったが、部材の発注のミスなど発覚したようで気になる・・・。事前にわかってよかったんだけど。
 
 それからタイルの発注とかって4平米が最低単位なんだそうだけど、我が家で実際使うのはキッチンのところに1平米強で、実はタイルがすごく余るような構造になっているそうな。(もちろん実際の発注は1平米強分しかしないらしいが、請求は4平米分・・・)。設計さんが一部あまったものを洗面のところの鏡の下の部分に活用する案を現場監督さんにお願いし、こちらも「宜しくお願いします」などと頭を下げてきたが、よく考えると4平米分発注しているのだから、同じ現場での流用なんて当然の話じゃないの?これはRFSの問題ではなく、業界の慣習なんだろうけど、こういうところでいろいろボッタクっているわけですかね?帰りの車中で、「いっそのこと余った3平米弱分のタイルをこちらで引き取って、家内とタイルにステンシルでもしてオークションで売って、資金を回収するか」などと話した。そんなことできるわけないけど、個人的にはなんか家造りにいくつかもやもやの残った今日一日・・・。

 結局我が家は上棟式はやらなかった。関東のRFSではほとんどの人がやらないそうだ。
上棟立ち会い後、午後の工事のために待機していた大工さんに「内祝」を渡してきた。妻が渡すと、大工さんは「こんなのいいですよ」と言っていたようだけれども、梅雨の合間に、いろいろ苦労してやっていただいているし、今後も工事は一番暑い時期にお願いするわけですからね。ほんの「気持ち」です。

 夜になって、横浜は大雨。前に父に「土地が雛壇の一番下になっているので、近所の道路の排水の状況とかは一度見て置いた方がいい。排水に問題があったら区役所とかに言わないと」とアドバイスされたのを思い出し、家がどうなっているかと気になって、夜中だけれど大雨のなか現地に行ってみた。周辺の道路の排水は問題ないようだ。よかった・・・。よう壁の水抜きからは数カ所水が流れていた。きっと埋め直したところは水の透過が早いのだろう。

 気がつくと家にはレクサンドーレンの玄関ドアが取り付けられていた。雨が降り込まなくて良かった・・・。
 
posted by jd at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

屋根がついた

 雨が降ったりやんだりだと、いつ工事が進行しているのかさっぱりわからないのだが、梅雨の合間をぬって工事は進行している。8日の現地では屋根はすっかりできあがっており、工事は内部の造作に入っている。
 7/6には防蟻処理がされたようで、1階はツートンカラー。
悩みに悩んだモニエル瓦も「コーラルオレンジ」が搬入されて、まもなく瓦葺き。
だんだん家らしくなってきた。

rfs0708-1.jpg
rfs0708-2.jpg
posted by jd at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

梅雨の合間

 ここに来て、関東はとても梅雨らしくなっていまい、困った困った。

 晴れ男も仕事疲れで神通力がなく、連日雨に見舞われているが、今日は午前は晴れていたため、屋根の工事が行われた模様。
 jd妻の現地視察も、運悪くデジカメの電池も切れて、画像はなしだとか。
 完成したのか?してないのか?よくわかりません・・・。
 夫婦ともども、バタバタの毎日で、上棟立ち会いの準備も全くできなーい。
posted by jd at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

 今日は日曜で工事もなく、朝ちょっとだけ現場に寄ってみたら、屋根のブルーシートは養生がきちんとされ、雨の備えは万全。安心して、子供サッカーのイベントに参加で一日終わってしまいました。
 明日も雨のようなので、工事は小休止ですね。
posted by jd at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

パネル工事、その後の進捗

 昨日7月1日も午前中の曇りの間に、早朝からパネル工事が行われ、昼過ぎには2階のパネルまでが完成していた模様。午後は結構雨がふったのだが、うまく避けられたようだ。

 本日は屋根の工事に入っており、梅雨の合間をぬった工事の割には進捗は順調である。
足場にも覆いがかけられ、「ROYAL FORT SWEDEN」の大きなロゴがつき、いかにも家の工事現場という感じになってきた。

rfs0702-1.jpg

 私はパネル工事に入ってからは昼間に現地を訪れたのは今日が初めて(夜は実はこそこそ何度か行っている・・・)。今日は職人さんが2人での工事。高所での大変な作業のようだが、こんな人数でやっているのか・・・と感心しきり。
工事が3時の休みとなったところで中を見せていただいた(自分の家を「見せていただいた」というのも変だが・・・。必要はないのかもしれないが、玄関では靴を脱いでしまいました。まだよそよそしい感じ)

 家の外枠は完成しているわけなので、部屋の大きさとかが改めてわかり、「ほほう、なるほどねえ・・・」とうなずきながら1階をうろうろ。もう、床下の断熱材も床板に隠されて見ることができない。サッシも綺麗についている。サッシは大きさの間違いもないようですね。いろいろ先輩オーナーがブログで、窓のキズのことを書かれていたので、心配してみてみたけれども特に気になるところはなかった。フレンチドアは大きくていいなあとご満悦。

rfs0702-2.jpg

 中をしみじみみると、図面で想像していたよりはこじんまりしている印象だが、壁紙とかが施工されて部屋の明るさなどが変わると、また印象も変わるのだろう。
 ここでまた素朴な疑問だが風呂のユニットは、この後どうやって搬入されるのかなあ?

rfs0702-3.jpg

 それはともかく、屋根の工事は来週前半で完成の見込みだそうで、これまた週末明けの天気が良くなさそうではあるが、それがおわれば雨のことは少し安心というところ。
 来週末の上棟立ち会いに向けて、少しいろいろ考えないといけないのだが、結構からだがくたびれていて、なかなか余裕がない。考える時間は明日ぐらいなのに実は課題が一杯・・・。RFSメーリングリストの昔のメールなどを読み直さなくては。

 RFSさんとの打ち合わせで再三でてきた「これは上棟立ち会いの時までに決めていただけばいいですよ〜」発言。毎週打ち合わせをしていたころは、結構先のこととまあいいかと思っていたらもう来週なんだ。時間がとても早くすぎるような気がする今日この頃。 


posted by jd at 22:53| Comment(3) | TrackBack(0) | RFS工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。